スマホ対応・スマホ最適化

増え続けるスマートフォン利用率

スマートフォン利用者

インターネット利用者の内、スマートフォンの利用率が20代〜30代では8割〜9割に達し、50代でも5割近く、全世代合計でも6割を越える状況です。

2016年には、PCからの検索をスマートフォンからの検索が越えると予想されており、今後ますます、ホームページのスマホ対応・スマホ最適化が重要になります。

PCサイトはスマホで閲覧しづらい

スマホで閲覧

PCサイトをスマホで閲覧すると、4分の1程度に縮小されて表示されるため、 欲しい情報を拡大しながら探さなければなりません。 また、メニューボタンも小さいため、ユーザーにとっては非常に操作しづらく、 サイトからの離脱に繋がってしまいます。
スマホからのアクセス数が総アクセス数の30%を超えた場合が、スマホサイト対策の目安と言えます。トップページだけでもスマホサイトを作り、テス トマーケティングしてみることをオススメいたします。

スマホ対応・スマホ最適化によるモバイルフレンドリーが重要

モバイルフレンドリー

Googleは現在、スマホ検索の際、モバイルフレンドリーに対応できていないホームページを評価しないようになっています。

モバイルフレンドリーとは、モバイル(この場合は、ほぼスマホが想定されています)から見た際に、ユーザー(アクセス者)にとって使いやすいホームページになっていることを意味します。

つまり、スマホでアクセスした時に使いづらいホームページは、スマホ検索で順位が下がる可能性が高いのです。特に、お客さんがスマホで検索することが多いご商売の場合、スマホ対応・スマホ最適化はホームページ集客では必須になっています。

お問い合わせはコチラ
お問い合わせはコチラお問い合わせはコチラお問い合わせはコチラ
backtotop backtotop