20160112A

皆さま、はじめまして。
株式会社インファクトの売上アップアドバイザー・Webディレクターの篠崎淳(しのざきあつし)です。
こちらでは、簡単に自己紹介を書かせていただきます。

略歴

けっこう長いモラトリアムな時期を過ごした後、神保町の有名書店でフリーターを経験。その後、エンジニアの転職に特化した求人サイトのライターに。約200社の求人広告やスカウトメールのライティングを担当。

その後、日本トップクラスのシェアを誇るビジネスブログ制作会社に転職。ライターとしての入社だったが気がつけばホームページの導入コンサルタントに・・・。

士業(弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士、コンサルタントなどなど)を中心に、カイロ・整体、整骨院、鍼灸院などの各種治療院系、注文住宅やリフォーム、塗装工事などの工務店系など、中小企業のホームページの導入コンサルを主に担当。
50業種・約1400サイトのディレクションを手がける。

導入だけでなく、末長くお客さんのサポートをしていきたいと考えて前職を辞し、インファクトのメンバーとなる。

Webマーケティングにどっぷり

これまで、地域商圏のクライアントさんを中心に、来る日も来る日もキーワードを調べ、SEOの勝ち負けを調べ、競合サイトを調査し、タイトルタグやdescriptionを考える・・・という生活を送っていたため、街中を歩いていても発想がそっちに行ってしまうのが困りもの。

例えば、整体院さんとか歯科医院さんの看板をみると、なんで個人名を屋号にするんだ!最寄り駅名を入れるべきだろう!とか、気がつくとツッコミを入れている自分に愕然としてしまいます。
(←完全に余計なお世話なんですが・・・)

今では、そこまで重要なポイントではありませんが、地域商圏の場合、屋号にエリア名を入れておくと、SEO的に有利、というか設定がやりやすい時代があったのです。
我ながら、難儀な性分です。

今はSEOという時代ではありません。

我が社でも「企業のメディア化」を推進していますが、「どうやって順位を上げるのか?」ではなく「どうやって良質なコンテンツを生産しつづけるか」にポイントがあります。

ですから、これからきっと、そっちの方向にどっぷりと浸かることになると思います。
文章を書いたことがない人が、いきなりホームページで良質なコンテンツを作ろう!と言われてもハードルがとても高いですから、その高いハードルをどうやって下げていくのか?が今後の大きなテーマになるでしょう。

趣味は一人旅と美術館巡り

ここで人となりを少々。

私の趣味は一人旅と美術館巡りです。

一人旅は、ほぼ神社仏閣・お城巡りの旅です。

例えば、2015年夏には四国をぐるりと一人旅で巡ってきましたが、その目的はお城。
5日間で8つの城と城跡を見て回るという中々ハードな旅です。
車の免許が無い私の移動手段はもっぱら鉄道。数えてみれば、5日間で約600キロの工程になりました。
※鉄道オタクには完敗しますが、結構、鉄道も好きです。

美術館巡りは、月に2回ぐらいは何らかの展覧会に行くようにしています。

見るものは、かなり雑多で洋の東西・時代を問わず、といった感じです。
ただ、やはり仏像系はかなり頻繁に見に行きます。
お寺で見るのが一番ですが、展覧会では、普段は見られない後ろ姿を見ることができたり、とんでもなく近い距離で見ることができたり、とそれはそれで素敵です。

一人旅趣味とも合わさって、仙台まで室生寺展を見に行ったり、京都まで鳥獣戯画展を見に行ったり・・・なんてこともしました。(鳥獣戯画は東京にも来ましたけど・・・結局)

好きな画家は日本絵画では伊藤若冲。西洋ではルノワール。
若冲はただただ、その圧倒的な表現力に圧倒されます。
そしてルノワールの幸せな世界は心和みます。

2016年の豊富

まずはこれまで我流で蓄積したWEBマーケティングの知識を、ちょっと整理したいなと思っています。

そのために、上級ウェブ解析士という資格を取得しようと考えています。

資格を取ることが目的というよりも、その勉強をすることで、自分の知識・ノウハウで足りない部分を確認したり、古くなった部分をアップデートしたり、といったことが目的です。

WEBマーケティングの世界は、さまざなツールが登場したり、いろいろな手法が出てきますが、基本は一緒。人と人のコミュニケーションだと私は考えています。
その基本は忘れず、その上に最新の知識をアップデートして、さらに皆さんのお役に立てるディレクターになれれば良いなと考えております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書いた記事

関連の記事

backtotop backtotop