インファクト新社内制度誕生!第二弾 スリーピングタイム

20161104Bこんにちは、後藤です。
先日の新社内制度第一弾「チャレンジランチ」に引き続き、第二弾「スリーピングタイム」のご紹介です。
食後って眠くなりますよね?その理由もお伝えします♬

目次

  • スリーピングタイムとは
  • 食後はなぜ眠くなる?
  • まとめ

 

スリーピングタイムとは

12時45分〜13時までフロアの電気を一切消しておやすみなさいzzzというシンプルな制度です。
制作チームと営業チームでフロアが異なるのですが、制作チームのフロアに導入されています。
制作チームは一日中画面を見て、作業しているのでかなり目を酷使してます。さらに、お昼ご飯直後は余計に目があかない…なんだか肩がゆらゆら揺れている…なんてスッタフもいたりいなかったり。笑

食後はなぜ眠くなる?

食後に眠くなるのはやる気の問題ではなく自然なことだそうです。

胃への過剰負担

胃の本来持っている消化能力では対応できない量の食事をとると、なんとかして消化機能を高めようとして体中の血液が消化器官に集まってしまいます。すると、それ以外の場所への血液循環が悪くなると脳の活動も穏やかになり結果眠くなります。

血糖値の乱れ

食後は体内の血糖値が上昇し、高血糖状態になります。すると多少の身体のだるさや眠気を感じます。さらに膵臓が疲弊しているとインシュリンの分泌量が乱れ、糖質の取り込みが過剰になったり全く行われなくなったりし、低血糖・高血糖を繰り返すと異常な眠気を引き起こします。

なので、食後の小休憩と午後へのやる気充電タイムとしてスリーピングタイムが導入されました。

まとめ

ガムやコーヒーで食後の眠気に打ち勝つのではなく、上手に付き合うことで午後の仕事にもしっかり取り組めるのではないかな?と気づきました。眠くなくても暗い部屋で目を休めるだけでも、副交感神経がはたらき体の回復が進みます。
スッタフの働きやすい環境を自分たちで考えて自分たちで制度化できる社内制度は本当に素敵だと思います。
その中で重要なのは、権利だけ主張するのではなくそれに伴う義務も果たすことが前提。と言うこと。これからも素敵な社内制度を導入しながら、日々の仕事に取り組んでいこうと思う後藤です。

The following two tabs change content below.
後藤 まりな

後藤 まりな

社会人11年目の新人後藤です!WEBマーケティング初心者なので、初心者なりの目線で、皆さんに分かりやすく情報をお届けできるようアンテナ高く張って頑張ります!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブログの読者になる
ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

Gmailで大きな添付ファイルをカンタンに送信する方法

ショウコ ショウコ

記事を読む

写真 2014-03-27 10 07 38

Google検索に話しかけよう|スマホ検索が劇的に早くなる方法

ショウコ ショウコ

記事を読む

ブログ記事一記事の費用はどれくらい?写真、イラストを含む費用を考える

岡田 ゆうか 岡田 ゆうか

記事を読む

【WordPress】ユーザー削除と記事の引き継ぎ

加藤 拓 加藤 拓

記事を読む

地下鉄・空港&スタバの無料Wi-Fiで仕事もSNSももっと快適に

岡田 ゆうか 岡田 ゆうか

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
インファクトベトナム語ブログ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • infact youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
Instagram(インスタグラム)のダイレクトメッセージの使い方

こんにちはライターのだるまさんです。 少し前までは使うことが

Facebookビジネスマネージャの取得&設定方法

「企業のメディア化」講師の岡田です。 イベントの告知やキ

広報のお仕事vol.5|プレスリリース作成の道のり

おはようございます! プレスリリースを一人で作成しようとする

Instagramでフォロワーを増やすための投稿のポイント

おはようございます。ライターのだるまさんです。 今回はIns

ベトナム人男性が日本に来て、やりたいこと興味のあること

こんにちは、チャンです。 前回の記事は「ベトナム女性は日本に来てやり