集客ブログの作り方|目的・ゴールを明確にする【コンセプト編】

公開日: : 最終更新日:2017/09/12 blog(ブログ)活用, WEBマーケティング, WordPress, ホームページ

20170912A

おはようございます。

「企業のメディア化」アドバイザーの篠崎です。
先日、岩手県の北上まで出張しました。始発の新幹線は、思った以上に混んでいて、大宮から宇都宮の辺りは、立っているお客さんもかなりいました。仙台を過ぎる頃には、多少空きましたが、新幹線って平日でもたくさんの人が利用しているのだ、と改めて実感しました。

さて、今回から「集客ブログ」の作り方について、集中的にまとめていきます。
これから、「集客ブログ」=「集客に役立つブログ」「集客のためのブログ」の立ち上げをご検討中の方は、どうぞ参考にしてください。

集客ブログの作り方|目的・ゴールを明確にする【コンセプト編】

目次

  • 集客ブログは普通のブログとは違う?
  • ユーザーの悩みに答え、ニーズを満たすのが集客ブログ
  • ブログ集客に成功するには目的とゴールを明確にすること
  • ユーザーニーズと微妙にズレると残念な結果に
  • まとめ

集客ブログは普通のブログとは違う?

まず、そもそも論から。
よく聞かれる質問なので先に書かせていただきます。

集客ブログは、普通のブログとは違うの?

という話です。

それ以前に、「今さらブログ?」とか「ブログで集客なんでできるわけない」という方も中にはいます。
こういった場合、みなさんが思い浮かべるのは、芸能人などの個人ブログのケースが多いです。芸能人でなくても、個人が運営している日記ブログですね。

これから解説していくのは、もちろん個人の日記ブログではありません。
集客に役立てるためのブログ=集客ブログになります。

私生活を誰もが知りたくなるような有名人や芸能人ならともかく、無名の一般人の日記ブログは、もちろん、ほとんど方に読んでもらえないでしょう。

ユーザーからしても、会ったこともない、見ず知らずの会社の社長が、昼飯に何食った・・・というブログ記事を投稿しても、読む価値はないですよね。あるいは、どっかのショップの店員が、休日に友達とどっかのお店で写真をとったのとらないの・・・。
正直、どうでもいい話です。

これに対し、集客はブログは、ユーザーにとって役に立つ情報を記事にしていくものです。

例えば、マンションをリフォームをしたいけど業者選び悩んでいるユーザーがいるとします。
「マンション・リフォームの業者の選び方」について、詳しく説明されたブログ記事があったら、かなり真剣に読み込むでしょう。
あるいは、これから彼女に誕生日プレゼントをしようと考えている男性であれば、「最近トレンドのプレゼントはこれだ」とか、「彼女に喜ばれるプレゼントの選び方」といったブログ記事に高い関心を示すでしょう。

必要なのは、リフォーム会社の社長の食べ歩き日記や、アクセサリーショップの店員の好きなTVの話ではないのです。

ユーザーの悩みに答え、ニーズを満たすのが集客ブログ

前述の通り、集客のためのブログは、日記ブログではありません。
言うなれば、

  • ユーザーの悩みに応えるブログ記事
  • ユーザーの「知りたい」「欲しい」といったニーズを満たすブログ記事

が掲載されたブログである必要があります。
そうでなければ、まず、ユーザーに読まれません。

そして、もう1つ検索という面からも、このことは非常に重要です。

現在、日本では、検索結果の順位の大半を決定しているのはGoogleです。
そのGoogleは、ユーザーの悩みに応えるブログ記事やユーザーのニーズを満たすブログ記事を、高く評価する方向で、進化しています。

ユーザーが検索した時に、その悩みを解決できる、ニーズを満たすことができるような、そんなホームページを、Googleは上位表示させようとしているのです。

集客ブログにとって、検索から多くのユーザーを獲得することは、非常に重要なことです。
つまり、検索結果で上位表示させることが重要ですが、そのためにも、

  • ユーザーの悩みに応えるブログ記事
  • ユーザーの「知りたい」「欲しい」といったニーズを満たすブログ記事

が集客ブログには必要になるのです。

ユーザーニーズと微妙にズレると残念な結果に

では、どんなユーザーのどのような悩みの解決やニーズの充足を行えば良いのでしょうか?

リフォームの会社が、プレゼントの選び方で悩んでいるユーザーをブログで集めても、それほど意味はありません。(絶対に、リフォームにつながらないとはいいませんが・・・)
逆に、アクセサリーショップのブログで、「遺言書の書き方」を知りたいユーザーを集めても、全く意味はないでしょう。

自社にとって、お客さんになりうるユーザーを集めるためには、自社のお客さんが持っているであろう、悩みを解決し、ニーズを満たせるブログ記事を書く必要があるのです。

あたりまえの話だ

と思われることでしょう。しかし、実際、先ほどの例のように極端でないせよ、自社のユーザーになりにくい、ちょっとズレたお客さんを一生懸命集めている集客ブログは、世の中にたくさんあります。

例えば、地元のお客さんを集めたいので、地元の観光情報をブログ記事にしたとします。
かなり充実した情報ブログになり、多くの読者を獲得しました。
しかし、書いてある情報は、実は地元の人は知っている情報ばかり。ブログに訪れるのは、お客さんにはならない、外のエリアくる人だけでした・・・。

これでは、集客につながらないですよね。

でも、こういう集客ブログって世の中にけっこうあるんです。
なぜ、こうなってしまうのか?

それは、

ブログの目的とゴールを明確にしていないからです。

ブログ集客に成功するには目的とゴールを明確にすること

例えば、先ほどの例。
地元のお客さんを集めたい・・・これが本当は目的ですよね。

で、ゴールをどこに設定するか?

まずは、お問合せが欲しいのか?
それとも何か購入して欲しいのか?
あるいは、メルマガに登録して欲しいのか?
いろいろあると思います。

自社サービスへのお問合せをもらうことがゴールで、そのために地元のユーザーを集めるブログ。
こう整理すると、地元の観光情報をブログ記事にするべきかどうか?判断する材料になりますよ。

地元のユーザーは、観光情報でなく、地元のお得な情報だったり、便利情報を知りたいハズだ・・・とか。

集客ブログを成功させるためには、ユーザーを集め、ユーザーにブログ記事を読んでもらう必要があります。
そのためには、ブログの目的とブログのゴールを設定する。
それが何よりも重要なのです。

まとめ

今回は、集客ブログの目的とゴールを設定することの意味についてまとめました。
新規でブログを立ち上げる場合はもちろん、すでにブログをされている方で、アクセスは多いのに、反応が今ひとつ・・・という場合も、ぜひ、ブログの目的とゴールについて考えてみてください。
あなたのブログがお客さんを集客するために、どのようなブログ記事が必要なのか?
イメージできることと思います。

The following two tabs change content below.
篠崎淳

篠崎淳

売上アップアドバイザー・Webディレクター株式会社インファクト
日本トップクラスのシェアを誇るビジネスブログ制作会社で、ホームページの導入コンサルを担当。中小企業・士業・治療院・工務店を中心に、50業種・約1400サイトのディレクションを手がける。得意業界:士業(弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士など)、治療院、工務店ほか。また、ニッチな業界やマニアックな趣味的ジャンルも得意。趣味は一人旅(神社仏閣・お城めぐり)。2015年に現存十二天守閣をコンプリート。2016年からは5年計画で日本百名城にチャレンジ中。2016年は29城を攻略しました。 http://www.infact1.co.jp/

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブログの読者になる
ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

LINE camera(アプリ)を使って写真にロゴを簡単に入れる方法!

インファクト編集部 インファクト編集部

記事を読む

ビジネスブログを書くときに迷う日本語の正解は?すぐ使える3例

ショウコ ショウコ

記事を読む

プレスリリースから求人・採用活動につなげる3つのポイント

インファクト編集部 インファクト編集部

記事を読む

初心者向け|Facebookページと個人ページとグループの違い

ショウコ ショウコ

記事を読む

1398061575448

初心者必見!販促物制作の開始前に整理しておきたい6つのポイント

岡田 ゆうか 岡田 ゆうか

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
インファクトベトナム語ブログ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • infact youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ブログの作り方で大切なことはタイトルと本文の結論を一緒にすること

目次ブログ記事の構成の考え方 タイトルを見直

【お客様限定】全てのホームページ&ブログのバックアップを強化します

2017年の初めから「ハッキング被害急増」この様な見出しが新聞

読者に読まれる・読みやすいブログ記事の書き方|文章構成のポイント

こんにちは!波塚です。今回はブログ記事の読者に読まれる、読みや

集客ブログの作り方|ターゲットを掘り下げる【コンセプト編】

おはようございます。 「企業のメディア化」アドバイザーの篠崎

スマホやタブレットでブログ記事を書きたい!パソコンがない時に

Web 集客&メディア化アドバイザーの持田です。最近静岡で研修