ブログの下書きに便利なツール|Evernote(エバーノート)を活用しよう!

20150713B

こんにちは!波塚です。

今回はブログなどの下書きをするときに最高に便利なツール、Evernote(エバーノート)の基本的な使い方をご説明します。
個人的な意見になりますが、ブログ記事の下書き、ネタの管理をするなら「やっぱりEvernote!!」です。

もし、Evernoteをまだ使ったことがない方、ダウンロードしたけど使っていない方がいましたら、ぜひご一読ください。 Evernoteのダウンロード方法や基本的な使い方についてはコチラ
無料のEVERNOTE(エバーノート)ってなんですか?
【入門編】EVERNOTE(エバーノート)の便利な使い方①

目次

  • Evernoteでブログの下書きをしよう
  • まとめ

 

Evernoteでブログの下書きをしよう

※Web版だと操作がしづらいのでアプリ版での解説です。

1.Evernoteアプリを開き、ノートブックの画面で右クリック、「新規ノートの作成」をします。
evernote_blog01_ 2.①複数のノートをまとめる親ノートを作成します。 例:ブログ記事下書き ②親ノートに入れる子ノートを作成します。 例:

  • お知らせ記事
  • 便利ツール記事
  • ブログネタメモ

evernote_blog02

3.子ノートを選択し、親ノートにドラッグア&ドロップします。

evernote_blog03_

すると、親ノートに子ノートが収納され管理がしやすくなります。フォルダ階層と同じような感覚です。

evernote_blog04

そしてそのままそれぞれのノートに下書きを書き込むノートを作成します。 また、下書きを書き込むノートは日付をタイトルに書き込み(2015年7月7日→20150707など)、並び順を題名順にすると管理がしやすいかなーと思います。

evernote_blog05_

あとはノートに下書き記事やメモなどを書き込むだけです!

evernote_blog07_

 

まとめ

Evernoteはブログの下書きを管理するだけでなく、気になった記事を保存したり、ノートを共有したりなど様々なことができます。
ブログの下書きにとどまらない便利なツールになっているので、ぜひ使ってみてください。

The following two tabs change content below.
波塚浩平

波塚浩平

デザイナー&コーダー株式会社インファクト
デザイナーの波塚です。昔からものづくりが好きで、なんでも自分でつくりたくなってしまうことが多いです。好きな言葉は「若いときに流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる」です。後で後悔しないよう、今を全力で突き進みます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ブログの読者になる
ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ブログ名(ブログの名前)とブログタイトルの役割は違う?

篠崎淳 篠崎淳

記事を読む

違和感解消!Macのマウス設定にオススメ!SmoothMouse

加藤 拓 加藤 拓

記事を読む

Googleドキュメント|知ってるとすごい便利!グーグル関数

ショウコ ショウコ

記事を読む

中堅・中小企業がメディア化を目指す時の悩み事を解決!

望月 翔太 望月 翔太

記事を読む

SEOで対策したいキーワードの探し方|ロングテール編

篠崎淳 篠崎淳

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
インファクトベトナム語ブログ
  • infact twitter
  • infact facebook
  • infact google
  • infact youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ホームページのページ数が沢山あってもお知らせだけだと集客に繋がりません

こんにちはインファクトの加藤です。 WEB集客を行うのにペー

iPhoneのメールを一括で削除する方法

こんにちは。最近雨降りすぎでは!?と思っていた矢先、あまりの豪

検索クエリの平均掲載順位が大きく低下?これって対策が必要?

おはようございます。 「企業のメディア化」アドバイザーの篠崎

スタッフブログ成功事例5選!無名だって多くの潜在・見込み顧客に接触できる!

インファクト京都、岡田です。先日は大文字焼きを自宅バルコニーからみると

ベトナムでもっとも使われているチャットツール・ソフトについて

こんにちは! 日本では、チャットツールについて言えば、すぐ頭