ベトナムでのオススメインターネットサービスプロバイダーについて

20170217C

みんなさん、こんにちは!
ベトナムで会社を設立する時、契約・物件・内装工事会社などの情報をいろいろ調査する必要があります。そのほかはインターネット環境などについても考慮しないといけないので、今回の記事は「ベトナムでのインターネットサービスプロバイダーについて」を紹介したいと思います。

目次

  • ベトナムでのインターネットサービスプロバイダー
  • まとめ

ベトナムでのインターネットサービスプロバイダー

現在ベトナムでは、インターネットプロバイダーがたくさんありますが、今回の記事では、最も大きくて品質が良いプロバイダーについて紹介します。

VNPT

http://www.vnpt.vn/

今のところ、VNPTはベトナムで一位のインターネットプロパイダーとなっています。ベトナムの人が少ない町から賑やかな都市までどこでもVNPTのインターネットを接続できるようになるほどです。

最新の調査によりますと、VNPTはADSLインターネットと高速光ファイバインターネットを含めベトナムでのインターネット市場の56,54%シェアを占めているということです。
これはVNPTのサービスや顧客サービスの品質をある意味では保証できるということです。
数年後もVNPTはベトナムのインターネット市場で一位を維持する見込みがあります。

FPT Telecom

http://www.fpt.vn/

1997年1月31日に設立され、2012年までは3500人のスタッフと全国での39支社を持つインターネット会社になりました。2013年10月の時点では、全国の46都市に支店を設置しました。

優遇価格のインターネットパッケージの提供により、どんどん多くの人々に使われるようになりました。最新の調査によりますと、FPT Telecomは ADSLインターネットと高速光ファイバインターネットを含め、ベトナムのインターネット市場の29,68%のシェアを占めているということです。

しかし、インフラなどはまだ完備ではないため、ベトナムでのインターネットプロバイダー2位となっています。近い諸浦では、VNPTの最大の競争相手となる見込みがあります。

Viettel

https://www.vietteltelecom.vn/

2002年に正式にインターネット市場に参入しましたが、経験不足でインフラがまだ完全に整っていないため、ベトナムでのインターネットプロバイダー3位をとっています。

2013年9月までは、ADSLインターネットと高速光ファイバインターネットを含め、ベトナムのインターネット市場の11,43%のシェアを占めています。

将来、VNPTとFPT Telecomの競争相手になるために、インフラの整備と営業戦略に力を注ぐ必要があると言われています。

CMC Telecom

https://www.cmctelecom.vn/

2008年に設立され、上記のVNPT、FPT Telecom、Viettelと比べると後輩と言えますが、現在のベトナムでの最先端技術となるGPONを適用することにより、CMCはベトナム市場に新しい風邪を吹くように言われています。

しかし、後に設立され、インフラなどがまだ完全に整っていないし、CMCのブランドは多くの人に知れれていないため、まだまだ使われていない状態です。

最新の調査によりますと、CMCはVTVnetと高速光ファイバインターネットを含め、ベトナムのインターネット市場の1,54%のシェアを占めているということです。近い将来では、CMCはもっと発展する見込みがあります。

まとめ

以上、ベトナムでのインターネットプロバイダーの状況について書きました。上記のプロバイダー以外は幾つかのプロバイダーもありますが、今よく使われているのは上記の4プリバイダーです。ベトナムで会社を作る予定のある方はぜひご参考ください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!