絶品「知多牛」が食べられる“黒牛の里”のこだわりがハンパない件。

こんばんは!

いろんな意味で肉食系の株式会社インファクト 代表 大見知靖です(笑)

当然、焼肉は大の好物です^▽^ゞ

愛知県半田市に絶品「知多牛」が食べられる「黒牛の里」という焼肉屋さんがあると聞き、一周廻って人生を達観した感を醸し出す10年で株式上場を果たし、上場後2ヶ月でその会社の副社長を退任した坪井秀樹さんと行ってみました。

黒牛の里

写真左奥が「黒牛の里」オーナーの市野さん、手前が坪井さんで、右奥が私です。
「知多牛」を食べるにあたり「黒牛の里」のこだわりをいろいろ聞かせていただきました。今は多くの?というかほとんどの飲食店がこだわりをもってるから“こだわり”だけで独自化する(お客様から選んでもらう)のは、ある意味難しいと思うが「黒牛の里」のこだわりを聞いて人気の秘密がわかったような気がします。

絶品「知多牛」が食べられる“黒牛の里”のこだわり

知多牛食べ比べ

◆牛を育てるところからかかわっていること
◆全出荷頭数の2割しかとれない4等級以上に限定していること
◆新鮮さを何よりも大切にしていること
◆焼いた時に肉の質を損なわないように溶岩焼をしていること
◆何よりもオーナーが知多牛が大好きなこと

などなど

市野さんの話から知多牛への愛情がビシビシ伝わってくるのです。
焼肉に限らず、その商品やサービスが大好きな人から買いたいですよね!好きだから、愛情があるから、その商品やサービスへのこだわりが生まれるんだと思うんです。

知多牛「黒牛の里」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
黒牛の里 半田店
愛知県半田市岩滑西町4丁目109-1
知多半島道路半田中央IC南・南吉記念館前
TEL(0569)23-8672
http://www.kuroushi.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

行ってみる価値ありのお店です!お近くにお寄りの際は是非^▽^ゞ

まとめ

あなたは自分の商品やサービスに“ハンパない”こだわりを持っていますか?今の時代、こだわりをもっているのは当たり前、中途半端なこだわりではなく消費者から「ハンパはい!」と言われるような「こだわり」をもって仕事に取り組んでみること。その熱い思いが人の心を動かすんだろうと感じだ1日でした。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大見 知靖

大見 知靖

代表取締役兼CEO兼集客・販促コンサルタント株式会社インファクト
2005年2月2日に株式会社インファクト創業。このINFACTブログも2014年2月にリニューアルしてから「のべ900万人」以上の方々にご覧頂けるようになりました。企業の売上アップを支援する中堅・中小企業売上UP研究所の主宰でもあり、ソーシャルメディア・アカデミーの理事長も務め、INFACTの代表でもありますが、マーケティングコンサルタントとして「企業のメディア化®」を全国の中堅・中小企業に導入して活躍中。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!