今週の朝礼ネタ|レジェンド葛西紀明選手「不屈の心」からの気づき

おはようございます。

41歳の葛西選手に負けてられないと思う
38歳の大見知靖です(笑)

もうご存知ですよね?7度目のオリンピック挑戦ではじめて個人のメダルを獲得した葛西選手。その「不屈の心」はどこからくるのか。。。ビジネスにも大きな気づきがあります。

葛西選手

葛西紀明選手「不屈の心」

国内外で葛西選手がレジェンドと呼ばれる理由は41歳まで現役を貫いているからだけではありません。

・常に目標を持ってチャレンジし続けていること
・何度失敗しても立ちあがる不屈の心を持っていること
・家族や支えてくれている人達への感謝の気持ちが伝わってくること

葛西選手の「チャレンジ精神」

今回のソチオリンピックで悲願の個人「銀」メダルを獲得したものの、葛西選手の目標はあくまでも「金」メダル。会見の際に45歳・49歳になっても「金」メダルを狙って行きたいとの言葉を聞き、目標を持つことが人にどれだけのチカラを与えるのか。。。改めて気づかされました。

葛西選手の「不屈の心」

私たちは何か困難にぶつかるとすぐにあきらめてしまいます。自分に言い訳をして他の道を歩もうとしたりします。でも、あきらめそうになった時にもう一歩、あと少し頑張ってみる!その繰り返しが「不屈の心」なのではないでしょうか?スポーツに限らずビジネスも、ある意味「自分との戦い」です。
あきらめてしまうのは、誰のせいでもない「自分に負けた結果」なのです。だからこそ葛西選手の「不屈の心」から、私たちも何かを感じ取らなければならないのです。

葛西選手の「感謝の気持ち」

いつも笑顔でインタビューでは感謝の気持ちを伝えることを忘れない葛西選手。自分の置かれている環境に不満を持つ人とそうでない人がいますが、それは「感謝の気持ち」があるか?ないか?の差ではないだろうか?そして「感謝の気持ち」は、持っていても表現しなければ相手には伝わらないのです。

惜しくも金メダルを逃した葛西選手ですが、多くのコトを気づかせていただきました。

葛西選手は、私の経営の師 土屋公三氏が創業された土屋ホームスキー部に所属しているということもあり、勝手に親近感をもってソチオリンピックを見ていました(笑)

では、今週もはりきっていきましょう!!!

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
大見 知靖

大見 知靖

代表取締役兼CEO兼集客・販促コンサルタント株式会社インファクト
2005年2月2日に株式会社インファクト創業。このINFACTブログも2014年2月にリニューアルしてから「のべ900万人」以上の方々にご覧頂けるようになりました。企業の売上アップを支援する中堅・中小企業売上UP研究所の主宰でもあり、ソーシャルメディア・アカデミーの理事長も務め、INFACTの代表でもありますが、マーケティングコンサルタントとして「企業のメディア化®」を全国の中堅・中小企業に導入して活躍中。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!