採用の応募を増やすには会社専用の採用サイトが必須

企業で採用の応募を増やすためには会社の採用サイトは欠かせません。
なぜならば、求人情報サイトに求人を出しても求職者に対して会社の内容が募集情報しか伝わらないからです。
「こういう人に入って欲しいな」という目的があって企業は採用活動を行うわけですが、求人情報サイトだけだと、その目的と反した応募が増えてしまいがちになってしまいます。

求人情報サイトだけの採用でよくあること

  • 募集情報しか載っていないから会社の雰囲気がわからない
  • 求職者が募集情報の待遇だけで選んでしまう
  • ミスマッチが増える
  • 他との競合になりやすい
  • 目的の人以外からの応募がある

こういったことが増えがちです。
要はよくわからないし、待遇面だけで見てしまうし、他にも同じ様な求人があるので思ってたのと会社が違った場合、せっかく採用が決まっても「やっぱり辞めます」となってしまうことが多いです。
ハローワークや他の求人情報サイトで募集内容だけ書いている企業はこういうことが多いと思います。

よくある求人ページ

よくある求人ページです。
テキストだけなんで雰囲気わからないんです。
求職者最初にキッカケを持つページが求人ページでOKなんですが、その後求職者は会社ホームページを見に来ますよね?
でも中小企業のホームページはそこまで予算が回っていないので、本当に基本的な情報し書かれていません。
「結果よくわからない」ということになりがちなんです。

求職者に自社をわかってもらうために採用専門サイトが必要

こちらは弊社で構築のお手伝いをした採用サイトです。
企業のスタッフ様を全面に出しています。
どんな人が働いているのかを求職者の人に知ってもらいたいからです。

社員インタビューも掲載しています。
実際に仕事をしている風景も一緒に掲載して仕事のイメージを求職者に持ってもらうためです。

ある日の1日の仕事の流れも掲載しています。
どんな仕事しているのかを時間ベースでわかるようになっています。
こういうのは例えば「働くママ」はとても参考になります。
働いているママの場合は子供を預けている場合が多いので、自分は育児と仕事と両立できるのか?というのもこういうのでイメージを持ってもらいやすくなります。

もちろん、働いているママがインタビューで掲載した方が説得力があがるので、「働くママ」を募集している企業さまの場合は必ずその方をイメージとして掲載するようにしています。

インファクトでは、価値や魅力が伝わる採用サイトの構成、制作をするお手伝いをしています!

採用サイトの制作、有料求人サイト意外での募集の集め方、採用コンテンツ制作のサポートを行っています。
今やっている採用活動で求めている人材に出会えていないのなら、採用活動のやり方を変えるしかありません。
お困りの方は、一度チェックしてみてください。
ぜったい採用のリク王|採用王道|求人応募者を増やす方法

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
加藤 拓

加藤 拓

企業のメディア化アドバイザー株式会社インファクト
「WEB集客&企業のメディア化アドバイザー」の加藤です。
ホームページからの集客でお困りの方や売上アップのお手伝いをするためにアドバイザーとして「企業のメディア化」の立ち上げをサポートしています。
元々WEB制作スタッフとして仕事をしていたのでHPの構造も知っていますので、コアな部分を踏まえてお手伝いさせて頂きます。これからもお客様のお役に立てるような情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!