優秀で長く働いてくれる人材が欲しい企業はWantedlyを活用しよう

採用で応募は来るけどすぐに辞めてしまう、希望する人材が来ないとお困りではないですか?
今回は優秀で長く働いてくれる人材が欲しい企業さまにオススメの「Wantedly(ウォンテッドリー)」の紹介をいたします。

なぜWantedlyには優秀な人材がいるのか

一言で言うと、Wantedlyは知る人ぞ知る採用に特化したSNSだからです!
企業の方は何度か広告等で見たことがあるかもしれませんが、Wantedlyは学生や求職者に対して広告を出していません。
なので学生や求職者は口コミやSNSのシェア等からしか知ることができません。
こういった情報をアンテナをはり受け取っている人は優秀な人材が多いのです。
知る人ぞ知るツールだからこそWantedlyには優秀な人材が集まります。

なぜWantedlyから入った人材は長く働いてくれるのか

Wantedlyの募集ページにはなんと給料が載っていません!
なぜなら会社を決める基準を、ビジョン・ミッションといった価値観を基準に決めてもらうことに重きをおいているからです。
給料や条件ではなく、会社のミッションや価値観・やりがいを感じて入社してくれることにより、入社後のギャップがあまりないのですぐに退職するといったことはありません。

他にもWantedlyと採用サイトの違う点は最初から「エントリー」「応募する」ではなく「話を聞きに行きたい」というボタンで、敷居を低くして応募しやすくしていることです。
いきなり入るのではなく、実際に働いている人とまず話すことができるので、お互いのミスマッチを防ぐことができます。
その人が本当にしたいことを聞くこともできるので、その夢についての応援もすることができます。

会社のファンを作れるからWantedlyがオススメ

Wantedlyには募集の情報だけでなく、ストーリーという価値観や社員の声を伝えることのできるページを作成できます。
応募ページを見るのはもちろんですが、さらに会社の雰囲気を知りたい・働いている人の声を聞きたいといった人に向けてポイントとなるのがストーリーです。
ストーリーを読んで共感を持って、応募してくれる人も少なくありません。
会社のよいところ、実際働いているスタッフの声を載せて会社の魅力を発信することができます。

おわりに

これまで出会ったことのない人材と出会えるのがWantedlyの一番の強みです。
Wantedlyも作ったから募集がくる、採用が決まるというわけではありません。
次回はWantedlyの活用方法を紹介いたします。
インファクトでもWantedlyのページ作成のサポートを行っているので、お気軽にご相談くださいませ。

インファクトのWantedlyページはコチラ!
https://www.wantedly.com/companies/infact1

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
名畑かなえ
株式会社インファクトのディレクターです。
フロントエンジニアだった知識を活かしてお客様のためになるような情報発信、制作を行なっております。また日本だけでなくベトナムスタッフとも連携して業務をとりまとめております。
好きなことは、自分で1から考えるものづくり。本の装丁が気になったり布ものやお菓子を自分でデザインして注文するのが好きです。
やっぱりはちみつなしでは生きてゆけない。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!