デザインの手直しを依頼されたらデザイナーはどう直す?(初級編)

blog_image1126b

あれれ?気が付けばもうすぐ年末ですね。こんにちは、弓削です。
年末はセールや年末年始のご挨拶など、チラシやニュースレターを作る機会も多くなるという方もいらっしゃるかと思います。そんな中、私たちの仕事で、クライアントがご自分で作られたチラシを拝見させて頂き、どこをどう直したら良いのか意見をさせて頂く機会があります。センスのある方は「え!?コレご自分で作られたのですか!?」と驚くほどプロ顔負けのチラシを作られる方もいらっしゃいます。ただ、「右も左も分からず、とりあえず作ってみたんだけど、、」という方もいらっしゃいます。どこをどう直せば良いのか。。?

今日のブログは、そんな方達に向けて、、デザインを教えます!なんておこがましいことを言う自信はありませんので、、“クライアントがご自分で作られたチラシ、デザインの手直しを依頼されたらデザイナーはどう直す?(初級編)”というテーマで書きたいと思います。

今日はこのチラシを手直ししていきます。

※画像のチラシはこのブログの為に用意したものであり、実際には存在しません
スクリーンショット 2014-11-24 22.54.19

気になった6つのポイントを直したいと思います。下の画像が今回のポイントを意識して訂正したチラシです。

112502

ポイント1
メインとサブを決めてレイアウト(配置)を考える

まず、このチラシで何を1番伝えたいのか。メインとサブの情報を決めて配置の大きさと場所を考えます。上のチラシだと「ニット製品のお得な衣替えクリーニング情報」がこのチラシの一番のメインになるということですので、大きく、一番上に配置します。

ポイント2
文字の長体、平体を解除する。文字を選ぶ

文字が縦長の状態を長体、横長の状態を平体がかかっている。と言います。チラシをチェックした場合に文字の長体、平体がかかっている場合が多々あります。場所が足らないので長体をかけて細くしたり、場所が空いているので平体をかけたり。という理由が多いかと思います。文字は80%以内の長体(細くする)120%以上の平体(横に広がる)をかけると読みにくくなると言われています。長体、平体はかけないのが一番読みやすい状態です。なるべく正体(元のままの状態)で文字は使うように意識しています。

 

ポイント3
文字の大きさ、字間と行間を整える

見出しと本文の大きさは、はっきり違いが分かるくらいに変えます。さらに見出しに太文字を使いました。次に文字を選びます。現在は「明朝」です。「ゴシック」に変えてみます。明朝とゴシック、どちらのを選べば良いのか。好みです。本当は色々基準があります。長い文章は明朝系が良いです。でも明朝とゴシック比べてみて読みやすいと思った方を選んでください。デザインのイメージに合うと思う方を選んでください。それより大切なのは字間と行間です。文字の大きさが変われば行間も変わります。文字によって字間も変わります。プロは1文字ずつ微調整を繰り返します。イラストレーターの編集ソフトなどは自動で調整してくれる機能もあります。何を基準に調整するのか、、“読みやすさ“が基準になります。

ポイント4
読みやすい場所で改行する

改行。これも読みやすくする為の大切なポイントです。日本語の横流しの場合、約30文字で改行をするのが一番読みやすいとされています。横に長くなる場合は短く改行をして、2つの記事を横に並べるレイアウトにします。あと、読みやすい場所で改行するように心がけます。

ポイント5
イラストを変更する

最初の訂正前のチラシを見て、犬のイラストが1番に目に入ってくるので「犬に関するお店かな?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。場所が空いているので、寂しいので、かわいいイラストを入れました。と言う方もいらっしゃいます。確かにワンチャンのイラストもかわいいですが、今回はクリーニング屋さんのチラシなので、クリーニング、洗濯、衣替え(文章の内容に合わせて)などのイラストが良いかと思います。スタッフの写真素材があればさらに良いですね!※イラストは無料のイラストを使用しています
人物のキリヌキはフリーソフトで使える、加藤の記事がとても参考になります!

ポイント6 色をつける

注目して欲しい場所に色を付けます。文字の色を変えたり、文字の背景に色を入れたり。メインカラーも色を変えてみます。印象や全体の見やすさもガラリと変わります。背景色は文字が見えやすい色になるようにします。3色くらいで抑えるのがオススメです。色が多くなる場合は、写真やイラストで使っている色と同じ色を使うとまとまって見えます。色を使いすぎるとどれが大切な情報なのか分かりづらくなってしまいます。
以上、いかがでしたでしょうか。プロの方はもっともっと工夫して、読み手がいかに読みやすいか。を考えてデザインを作られています。だけど、文字の選び方や、字間や行間を調整するだけでも、とても見やすくなります。パソコンが苦手。。勉強中。よく分からない。。という方は手描きがオススメです!パソコンで作られた大量のチラシの中に手描きのチラシを見つけると、ふと目が止まってしまいます。これからもぜひ、素敵なチラシを作ってくださいね!

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!