2015年は「検索力」でスキルアップ!(初級編)

20150106a

新年あけましておめでとうございます。株式会社インファクト、ディレクターの岡田です。お決まりですが、お正月休みは皆さま、いかがお過ごしだったでしょうか。私は、基本的には家族でゆっくりでしたが、パソコン2台、スマホの大掃除(データ整理)だけは何とかやり遂げました。あ、あとは仕事の効率があがるように、Macに新しいアプリを入れてみたりしましたw

さてさて、今日は新年にふさわしくスキルアップの話題です。これさえ訓練されれば、驚くほど仕事の効率があがり、プライベートでも世界が広がるスキルです。

それは、「検索力」(検索スキル)です。検索が「スキル?」と思った方、おそらく、あなたは検索スキルがあまり高くないです(笑) 挑戦的な言い方ですいません!でも「検索力が高い人」こそ、「検索」は1つのスキルであることにご納得いただけると思います。

それではいってみましょう♪ 2015年はこれで、あなたも検索マスター!

目次

  • わからないことは、まず「そのまま」検索してみよう
  • 便利なGoogleサジェスト機能
  • 助詞を抜かすと一気にサジェストが効率的に!検索力アップ!!
  • アドレスバーでも検索できますよ
  • 検索のオススメはGoogleがオススメ。Googleにログインした状態でGoogleで検索しよう
  • オススメのブラウザはGoogleChrome
  • まとめ

 

まず、「インターネットでは触れられていない世界はない、わからないことはほとんどないっ!」という認識を持とう。

少し言いすぎかもしれませんが、この世にある話題でインターネットの世界で触れられていないことはありません!!!平たくいうと私たちの凡人レベルが知りたい事や、わからないことは誰かしらが話題にしてインターネット上に情報はあります。

ここで勘違いしないでいただきたいのは、「インターネット上にある全ての情報は正しい」わけではありません。ただし、情報がないということはまず、あり得ないということです。

そして、凡人レベルの私たちがわからないことは、ほとんど正しい情報が検索1ページ目に来ます。まず、そのことを認識してください。

わからないことは、まず「そのまま」検索してみよう

わからないことをわからないままにしていては、いっこうに成長しませんし、仕事の効率もいっこうに上がってきません。またインターネットで検索すれば?と提案すると「なんて検索していいかわからない」という方がけっこう多いです。

難しく考えないで、すごくシンプルに検索してみてください。

私はパソコンはずーっとWindows派でしたが、半年前にMacにしました。そうすると、とたんにわからないことが出てきました。でも、Windows(ウィンドウズ)でできることは、Macでできないことはないと思ったので、とにかく検索をします。

例えば、エクセルのセル内で改行する場合、Windowsだと「Alt + Enter」ですが、実はこれMacだとできないのです。で、検索をします。シンプルに。

検索バーに「Macでエクセルで改行」と打ち、検索してみます。「Macでエクセルで改行したい」でもOKですよw
3

 

ほーら、ちゃんと回答が1番上の記事に書いてあります。どの記事をクリックすべきかは、まずは、1位に表示されたものでいいと思いますが、検索結果のタイトルの下に3行ぐらい表示されている説明文(本文の抜粋の場合もある)見て判断してもいいでしょう。

便利なGoogleサジェスト機能

Googleサジェストとは、何を検索するかすらGoogleからサジェスト=提案してもらえるということです。Googleの検索ボックスで「Macでエクセル」と打ったときにサジェスト=提案された続きの言葉です。今回の目的からはちょっと遠いものですが、一応サジェストしてくれました。

1

 

Googleサジェストについては、こちらの記事でも活用方法などを解説しています。
ブログのタイトルを決める時に使うと超便利Googleサジェスト一括ダウンロードツールを活用しよう!

助詞を抜かすと一気にサジェストが効率的に!検索力アップ!!

「Macでエクセルで改行」とさっきまで打っていましたが、ここで助詞の「で」をとって検索してみます。下の画面は、「Mac エクセル か」ぐらいを打ったときの画面です。
すると、見てください!サジェストが一気に具体的に!全文打つ前に私が知りたかったことが、検索できます。

2

 

アドレスバーでも検索できますよ

検索をするとき、いちいち検索ボックスがあるページに戻ったり、新規タブを開いて検索ボックスに入力しようとする人がけっこう多いですが、ブラウザのアドレスバー(普通 http://・・・などのURLが入っているところ)に日本語を打っても、そのまま検索されます。何か他のページが表示されていても、そのままアドレスバーに日本語入力で検索できるということです。
4

 

検索のオススメはGoogleがオススメ。Googleにログインした状態でGoogleで検索しよう

オススメの1つにGoogleのサジェストの機能性の高さ、公平性があげれれます。あとは、ログイン状態で検索すればパーソナライズといって、使えば使うほどよりあなたに合った検索結果が得られるようになります。この部分、改めて別記事で詳細を解説させていただくようにします。

オススメのブラウザはGoogleChrome

ブラウザのおすすめは、断然グーグルクロムです。拡張機能が多いことや、Youtube、Gmail、などとの相性は(あたりまえですが)最高にいいです。詳しくは、こちらの記事でも解説しています。
ブラウザには種類があるんです!メインブラウザの種類とダウンロード方法

まとめ

弊社の代表もよく言うことですが、「検索力が高い=ネットリテラシーが高い」といっても過言ではないように思います。必要な情報をすぐに調べられる、またそれが正しいかどうかを判断できるのがリテラシーが高い人ということになると思います。

当社インファクトとサポート契約を組ませていただいているお客様でもたまにSNSの操作方法などをご質問いただくことがあります。正直、その質問、「そのまま検索ボックスにうってみたら、回答はすぐに得られるのに」と思うことも少なくありません。その方が格段に回答も速い(私たちはご質問いただいて、1秒で回答はできません、笑)場合もあります。
例えば、こんな質問です。「Facebookでブログ記事をシェアしたんですけど、いつもだと画像がでるのに、出ないです。不具合ですか!?」
そんなときは、「facebook シェア 画像表示されない」と検索!
6ほら、こんなに記事が出てきます。(1位はインファクトのブログですよw)

検索ですぐに調べられることはそちらで得て、私たちのような有料のサポートは、作業代行や調べてもわからなかったことに活用する、という使い分けをすると業務効率もあがりますし、あなたのホームページやブログはもっと加速的に進化していきますよね。

調べたいツールの名前がわからなくても大丈夫。「ゾウ アプリ」と検索するとそれが、evernoteだってことをすぐに教えてくれます。

プライベートでもいろいろと調べてみると、世界が広がっていきます。今年はぜひ、「まず検索」を心がけてみてくださいね。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!