聞きたいけど今さら聞けない…iCloud(アイクラウド)って何?

20150220B

インファクトの田中です。おはようございます!
突然ですがみなさんは携帯のバックアップをちゃんとおこなっていますか?お気に入りの画像はもちろんのこと、連絡先や様々な情報をきちんと保存しておくことはとっても重要なことですよね。
携帯によってそのバックアップの方法は異なると思うのですが、突然の故障、突然の紛失の際にあわてないよう、バックアップは必ずしておきましょう!
今回ご紹介するのは、iPhoneユーザーにとっても便利な「iCloud」サービス。一言でいってしまえば、iPhoneとPCを同期してくれるサービスの一つです。

iCloudって?

iCloud図

iCloudとは、iPhoneやiPad、PC(Mac)といったApple製ハードウェアの設定やデータを、Appleのサーバーに保存し、機器間で同期するサービスです。
例えば自宅にMacがあり、iPhoneを持ち歩いている場合、両者で同じ連絡先やカレンダーのスケジュールなどを共有できるというわけです。
もちろんメールや写真などをチェックすることも可能です。

iCloudでできること

・iPhoneで撮影・保存した写真をiPadやPCに自動転送してくれる

・iPhoneの交換、買い替え時にデータを自動で移行できる

・メールや連絡先の編集をPCでできる

・自動バックアップ

・iPhoneを紛失した際、ネット上で場所を特定できる

同じ「同期する」サービスとしてiTunesを使用している方も多いと思いますが、iTunesとの最大の違いは、例えば、外出中にiPhoneに新しいスケージュールを入力すると自宅のMacのカレンダー上にもそのスケジュールは入力済になっているという具合に、ケーブルでiPhoneを繋がなくても、リアルタイムで同期されることです。

iCloudの設定(iPhone)

それでは早速設定の方法をご説明していきます。
まずはiPhoneの設定から。

■設定アプリを開き、【iCloud】をタップします。

2

■iTunes、AppleStoreで使っているAppleIDとパスワードを入力するとサインインができます。

■あとは必要な機能をオンに切り替えるだけです。

3

iCloudの設定(PC)

■iCloud,comにアクセスして、「AppleID」と「パスワード」を入力してログインするだけです。
(はじめてアクセスする場合は本人確認の認証画面が出ます。認証して先に進んでください)

4

■この画面から、各機能の確認、編集ができます。

5

最後に

簡単な設定でiPhoneとPCをつないでくれるiCloudはとても便利ですが、実はiCloudでバックアップされるデータには制限があります。無料で使えるのは5GBまで。
どんなデータが5GBにカウントされるのか、容量を増やすのはどのようにすればよいかなど、この容量については、次回ご説明していきたいと思います!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!