ホームページ・WEB担当者が知っていると便利なhosts(ホスツ)ファイルの設定【Windows版】

記事_ogp_win

 

最近、お客様の前で話す機会が増え、1ヶ月に1度、喉が潰れてしまっている岡田です。ひどいダミ声です、笑

今日は、とっても真面目な話です。以前、加藤が「ホームページ・WEB担当者が知っていると便利なhosts(ホスツ)ファイルの設定【Mac版】」をご案内しましたが、今回はそれのWindows版をご紹介します。

そもそもhostsファイルを書き換えるって何なのさ!!という方は、↑の記事の「目次」までをお読みください。加藤がわかりやすく、解説しています。

要は、まだ世の中に公開されていない開発中の新ホームページあなたのパソコンでだけ、公開後のドメイン(URL)を叩けば、見られるようにする。ための設定です。

だから、ホームページ・WEB担当者の方が知っていると便利なのです。

これには、その開発中に新ホームページが置いてあるサーバのIPアドレスが必要です。そして、Windowsは、Macより設定が若干手間です。

それではいってみましょう!

目次

  • 下準備
  • Hosts File Manager をインストールする
  • Hosts File Manager を設定する
  • hostsファイルを切り替える
  • hostsファイルを切り替えても、表示が切り替わらない場合
  • まとめ

 

下準備

設定するパソコンのOSが、Windows7以降の方は、この下準備は必要ありません。vista以前の方は、ここから始めてください。
また今回紹介する設定は、できる限りパソコンの管理者権限でログインしている状態でしていただくのがベストです。

Microsoft .NET Framework 4.5 をインストールする

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30653にアクセスし、赤い「ダインロード」というバナーからダウンロードしてインストールします。

無事インストールされるか、下記のような画面が出れば、それでOKです。

1

 Hosts File Manager をインストールする

http://softwarefactory.jp/ja/products/hostsfilemanager/download.html にアクセスし、Hosts File Manager(ホスツ ファイル マネージャ)をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、↓のようになるので、「・・・Setup・・・・」をダブルクリックしてインストールを始めます。

3

Hosts File Manager を設定する

Hosts File Manager を起動します。起動した画面です↓

1一度、閉じる。

先にソフトの設定する

1.インストール後、保存されたフォルダを開く。ちなみにWindows7ではいかの場所にあります。
C¥Program Files (x86)¥Software Factory¥Hosts File Manager

これがわからない人は、「スタートボタン」→「プログラム」→「Hosts File Manager 」のフォルダに行くと、ショートカットがありますので、ショートカットのプロパティ(右クリック)から、保存先(見にいっている先を探しましょう)
2.フォルダにある「HostsFileManager.exe」を右クリックし、プロパティを開く。
3.「互換性」タブの「特権レベル」にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをいれて「OK」を押す。
4.「HostsFileManager.exe」のショートカットをデスクトップに張っておくと便利です。
5.ソフトを起動後、「ツール」→「設定」にある「タスクトレイに常駐する」のチェックを外します。

hostsファイルを設定する

設定を追加するので、「+」のところをクリックします↓

2

 

IPアドレス:見にいく先のIPアドレスを入力します。(制作会社から聞きましょう)
ホスト名:ひも付けたいドメインを入力します。(ドメインなので、http などは入れません。)

あとは、空欄でOK!

4「OK」をクリックします。↑
すると、保存ファイル名を聞かれることがありますので、そのときには、わかりやすいファイル名をつけておきます。
その際、「管理者の許可・・・うんぬんかんぬん」という警告が出る場合がありますが、「続行」でOKです。

hostsファイルを切り替える

「ツール」→「hosts ファイル切り替え(c)」→「1.オリジナル」と先ほどつけたファイル名が出てきますので、先ほどつけたファイル名をクリックします。

7

その後、ブラウザを立ち上げて、見たいドメインを入力すれば、該当のページが見られるはずです。

hostsファイルを切り替えても、表示が切り替わらない場合

「ツール」→「DNSキャッシュをクリア」を試してみてください。

まとめ

画面キャプチャと文章で解説すると、実にややこしくて面倒に見えます。が、実際やってみると、20分以内でできる程度です。一度このHosts File Manager を入れておけば、あとの切り替え自体は、ラクになりますので、ぜひ、活用してみてください。
このようなツールを用いないでhostsファイルを書き換えるには、コマンドを打って(=真っ黒の画面に意味不明な言葉をうつ(笑))・・・しかないので、これでもやや便利な方なのです。。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!