夏休みの計画の前に知っておきたい旅館・ホテル選びのポイント

20150529B
こんにちは。今年の夏休みの計画はどんなご予定ですか?インファクト鵜沼です。
人気の宿なんかはすぐに埋まってしまいますので、早めのリサーチに越したことはありません。
この夏の想い出をより良いものにするために、今回は【夏休みの計画の前に知っておきたい旅館・ホテル選びのポイント】をお届けします。

目次

  • どういう想い出作りにしたいのか?テーマを決める
  • 情報を集めよう
  • やっぱりWEBとSNS
  • 旅館・ホテル選びから見るビジネスへのヒント
  • まとめ

どういう想い出作りにしたいのか?テーマを決める

旅行とは想い出作りです。 なのでまずその旅行のテーマを決めることです。 家族とどんな想い出を作りたいのか? 恋人とどんな夜を過ごしたいのか? 友達とどんな体験を共有したいのか? 旅行に行く人の顔を思い浮かべて出発してから家路に着くまでのストーリーを作ること。
そうすることで、温泉地に行くのか、レジャー施設へ行くのか、自然に触れたいのか、家族向けの宿なのか、大人向けの宿なのか、旅館が良いのか、ホテルが良いのか。
まず自分にあった宿の方向性を決めることが出来ます。
それらを編集して想い出作りプランを立てます。

情報を集めよう

クレームの9割は情報不足です。 実際宿泊して「聞いていない!」とクレームを言う前に、情報を収集しましょう。
クレームは言った方も言われた方も楽しいわけがないのでね。
自分にとって当たり前でも相手にとって当たり前じゃないこともたくさんあります。 楽しい旅にするために情報収集は必須ですね。
最初の情報収集に有効なものをいくつか挙げてみます。

検索エンジン:ほとんどの人がまず行きたい所や宿泊したい場所などでググって(ググる=Googleで検索する)情報を収集しています。

旅行サイト:全体の雰囲気や利用者の口コミや口コミに対しての返信がなされているかで誠意がある施設かどうかもある程度判断出来ます。

旅行雑誌:旅行雑誌では新しい旅館などのトレンドを知ることが出来ます。

旅行慣れしている人に聞く:旅行慣れしている方は宿に宿泊すること自体が目的で旅をされる方もいるので信用できる利用者の声が一番です。
そんな下調べを元にピックアップした個別の宿の情報を収集します。

やっぱりWEBとSNS

個別の宿の情報収集にはその宿のホームページでお部屋や食事の内容を確認します。
ここでのポイントはWEBの写真は3割増しになっているということを頭に置いておいてください。
お部屋や料理の写真は「綺麗に見てもらいたい」という想いが込められているので、技術を駆使して3割増しでカッコよくなっているとボクは思います。
特にお部屋の写真は新築の時の写真が使われる事が当たり前。
経年劣化というものもあるので、3割増しだと考えるのが良いと思います。

そしてSNSで情報を発信している宿をなるべく選んだ方が良いと思います。
理由としては発信する事でどういう宿なのかが投稿を通して伝わるからです。
アットホームな雰囲気の投稿はアットホームな宿、顔が見える投稿は自分達のサービスに誇りを持っている宿、綺麗な投稿は綺麗という事がその宿に文化として根付いているということです。なので自分達の目的にあった宿なのかどうかということはいくつかの投稿である程度知ることが出来るとボクは思います。
「お部屋が空いてます!」という売込みだらけの投稿を見てあなたはその宿をどう思いますか?

旅館・ホテル選びから見るビジネスへのヒント

沢山のサイトやSNSを見ると見えて来ると思いますが、その宿が何を届ける事が目的なのかということが見える宿は安心して選べる宿だということ。
お部屋が何畳で、大浴場がこうなっていてという情報より、一晩寝泊りするという事に対して安心や安全を提供できる場であるということを発信しているところは、親切で何かあっても誠意のある対応をしてくれるだろうと思いませんか?
一晩泊まるということは第一に安心や安全を提供することだとボクは思います。だから顔が見えると安心なんですよね。
これは他業種でも同じことだとボクは思います
ビジネスを通して商品だけではなく、商品を購入した方へ何かしらの価値を届けているということです。
そんな視点がWEBやSNSにも必要な要素だと思います。

情報を収集して選んで頂くためには、情報を発信し続けることが大切だとこのブログを書いていて改めてそう思いました。

まとめ

旅館やホテル選びのポイントの基礎となる部分をご紹介しましたが、情報化時代の宿選びはやっぱり情報収集です。
今はタブレットやスマホからどこでも検索出来る世の中です。 より良いたくさんの情報の中から自分にマッチする情報を選び出すのがオススメです。
でもこれだけは押さえて頂きたいという2つのポイントで最後を締めくくりたいと思います。
ひとつはどんなに高評価の宿でもそれは誰かの高評価であって自分にとっての高評価ではないので、感覚が同じような方の情報を信用する事。
感覚は千差万別です。
なのでどんなに日本一の宿と評価されていても目的や趣向に「合わない」こともあります。
なので自分の旅行の目的や趣向に合う情報を収集する事を忘れないで下さいね。

そしてもうひとつは、情報を収集するのに時間を使いすぎて宿を取るのが遅くならないこと。
人気の宿は早く埋まってしまいますし、お部屋がなければ誰もどうすることも出来ないので…。
意外と盲点だったりします。笑

以上、夏休みの計画の前に知っておきたい旅館・ホテル選びのポイント、この夏の楽しい想い出づくりのご参考になれば嬉しいです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!