2018年最新|WordPressブログ|プロフィールの必要性と書くべき内容を理解しよう!

インファクト京都Officeの岡田です。京都はどんどん寒くなっています!

今回は、インファクトのお客様からもたくさん質問を受ける、WordPressブログにおける、プロフィールの書き方をお伝えします。
設定等は以前のブログにも掲載しているのですが、どんなことを書いていいか…どれくらいの文字数にすれば良いのか…など、より詳しいことをお伝えできればと思っています!

このプロフィール=誰が発信している情報なのか、がより大切になってきているので、実はこの記事2015年10月に書かれた記事なのですが、最新版にして改めて公開します。
なぜ、以前よりプロフィールが大事か?それは、これだけ誰でも情報を発信できるようになっているので、今求められているのは、情報の信頼性と共感価値になってくるのです。情報の信頼性と共感価値をうむのにプロフィールはとても大切な役割を果たします。

そもそもブログにプロフィールは必要なの?

結論から話すと、もちろん必要です!!(きっぱり)
ブログにおけるプロフィールは、「共感、信頼」を得るための窓口となるところだからです。
「共感、信頼」を得られてはじめて、ブログの読者になってもらうことができ、毎回のブログを楽しみにしていただけると思います。

そもそもブログの訪問者多くは、Yahoo!やGoogleなどの検索から来る人、SNSや他のブログのリンクなどから来る人になると思います。
具体的な情報を求めてブログを見に来てくれた方も、なんとなく見に来てくれた方も、「この記事を書いた人ってどんな人なんだろう」と思うのが当然の心理です。その興味を満たすために、プロフィールを探します。

そしてそのプロフィールを読んで、記事に共感してもらうのと同時に、その人自身にも興味を持ってもらえたり、信頼を持ってもらえたりするのです。
記事に共感してくれたり、価値を感じてくれる前提として、プロフィールの設定は絶対です!!

プロフィールに掲載すべき情報って?

では、実際、プロフィールに掲載すべき情報はどんなことでしょうか。
以前のブログでも書きましたが、改めてまとめたいと思います。
これは、全て記載したほうがいいというのではなく、この中から選んでプロフィール文の構成に役立てていただければと思います。

名前・年齢・写真

年齢は、○歳と書くのもありますが、今の仕事を○年と書いてもあなたの専門性が伝わりますね。
プロフィール写真は大事です。写真を出すのは抵抗があるという方が、たまにいらっしゃいますが、たとえば、商談、接客をするときに顔を伏せたり、しますか。もっというと、道を歩くときにお面をかぶりますか。基本的に顔がわからない相手に信頼性は生まれないでよね。

会社名・会社ホームページへのリンク

以外と忘れがちなのですが、スタッフブログの場合、必ず会社名を記載すべきです。さらにそこに会社のホームページへ飛べるようにリンクをはります。企業でブログをやっている場合、その道のプロとしてお役立ち情報を発信していますね。だから、どこの会社に所属しているか=プロなのか、ということを示すために重要な項目となります。

保有資格・そのリンク

そのブログのテーマに関係のある資格であれば必ず載せましょう。例えば、健康と栄養のことについて書いているブログであれば、「調理師」「管理栄養士」のような資格は、情報の信頼性の裏付けになりますよね。なので、正式資格名を書き、そこに資格の公式HPをリンクさせます。私の場合、「基本情報処理技術者」という国家資格を持っています。ただ、WEBマーケティングとはほぼ関係ないですし、知っている人からすると非常にしょぼい資格ですが、今回の見本を作る上でもリンクをはって見ましたので、参考にしてください。

冒頭にも書きましたが、プロフィールは、その人が専門家かどうかをアピールする場でもあり、記事の信頼性、専門性を高める目的もあります。保有資格はそのリンクとともに必ず入れるようにしましょう!!

ブログをはじめたきっかけ

どういう目的でブログを書きはじめたのか、どういう内容を中心としたブログを書いていきたいのか、どういう人に読んでもらいたいかをできるだけ完結にまとめましょう。

略歴

過去→現在→未来の順で、自分がこれまでにしてきた仕事、今の仕事、今後どうしていきたいかを記載します。気をつけたいのが、「単なる自慢話」にならないことです。

性格

自分の人となりを客観的に記載できるのが望ましいです。実際起こったことのエピソードなどを織り交ぜて記載しているとわかりやすいです。

趣味や好きなもの

ここはついつい語ってしまいがちな箇所ですが(笑)、極端に言うと箇条書き程度にまとめていきましょう。趣味やすきなものがブログの内容に大きく関係している場合は、略歴等を短めにしてこちらの内容を濃くするのもいいと思います。

今後の目標

なるべく明確でわかりやすい目標を書くようにしましょう。特にない場合でも、「こうありたい」という未来の姿は必ず入れたいコンテンツでもあります。

連絡先・SNSへのリンク

集客を目的としたブログの場合、メールアドレスやホームページアドレスなどの連絡先は必ず入れましょう。
メールアドレスを記載してもいいですが、SNSのリンクを貼ることによってより、気軽にもっとあなたのことを知ってもらえるようにしましょう。SNSにはダイレクトメッセージもありますから、連絡もとれるようになりますね。

プロフィール情報で気をつける点

以下の点はをつけてくださいね。

長過ぎるプロフィール

あまり長過ぎるプロフィールは読まれづらいので、もしもこれらプロフィールが長くなってしまう場合、「詳細はホームページへ」としてリンクをはる、ブログにプロフィールページを作成するなどの対応を考えましょう。

「新人です!」「これから勉強してがんばります!」はNG!!

謙遜の意味もあって、このような文言をプロフィールに入れる人がいます。でもよく考えてください。「新人だから○○のことはよくわかりませんが、一生懸命勉強して書きます!」と書いてあるブログ記事、信頼して読めますかね?お金をもらっている時点であなたはプロです。ブログ記事の内容を、毎回ベテランにチェックしてもらっていいものを出せばいいのです!

基本は「あなたを知らない訪問者へ」

「あなたのことを知らない訪問者へ」ということを意識してプロフィール構成を考えましょう。
例えば、「知らない人」の生い立ちが延々と書いてあっても読み手は退屈してしまいます。延々と自慢話が書いてあっても同じです(よほどの有名人の場合はそれでも読み進められることはあると思いますが…)。
まずは「読んでもらう」ということを意識して、「ぱっと見」興味をひく内容にしていくことが大切です。

興味をひくキャッチコピーをつけましょう

興味をひくキャッチコピーをつけてみるのもおすすめです。
例えば自分の経験の名から何か一つを題材にしてキャッチコピーを作り、それをプロフィール冒頭に記載します。
例:東京を盛り上げるためにいろいろなイベントを開催している人
→「東京がもっとエキサイティングな街にしたい!!」「え?どういうこと?」と思わせるようなコピーや「スゴい!」と思わせるようなコピーを打ち出してみるのも一つのアイディアですよね。

WordPressブログのプロフィールは何文字がベスト?

インファクトがおすすめしてるWordPressでのブログプロフィールの文字数は、「150~200文字」。
代表の大見のプロフィール文の文字数がベストと考えています。

12071823_555418751275845_685850847_n

もちろん、これより長いからといってNGなわけではありませんが、上記でもお話したとおり、詳細なプロフィールはブログの一記事としてプロフィールページの作成をおすすめします。

WordPress プロフィールの設定手順

プロフィールを設定する際の管理画面の操作方法はこちらの記事で解説しております。
WordPress プロフィールの設定方法

まとめ

プロフィールは基本的に「共感」を主体にした書き方をするといいと思います。その中で、自分の強みや得意なことを活かして「こういうことをブログに書いてきます!」ということが伝わる文章にしたいですね。
参考にしてみてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!