知っておきたいベトナムの交通事情・手段について

Blog top

こんにちは、ベトナムリーダのチャンです。

初めてベトナムへ来る人にとって、一番残る印象の1つはバイクの波でしょう。
実際、私の外国人の友達も初めてベトナムへ来た時、ベトナムの交通事情を見ると「怖い!」「横断できない」「ルールがないの」「バイクの数はそんなに多くのは想像できない」などしか言えないほどでした。本当はそんなにひどいでしょうか?
さて、今回はベトナムの交通事情について紹介したいと思います。

目次

  • 移動手段
  • 渋滞
  • 外国人向けの移動手段
  • まとめ

移動手段

道路を走る手段としてはおよそ70%はバイクで、30%は自動車、タクシー、バス、自転車などです。最近、個人的な自動車は急に増えてきて、交通事情の制御はもっと難しくなります。

移動手段の数が多いですが道路を走る時、だいたい時速30キロの程度で運転するので、バイクが行き交わっている中を横断しますが、十分注意すれば、簡単に横断できます。
ベトナムの道路は横断歩道がありますが数が少なく、信号付きの横断歩道はほとんどありませんので、事情を見て、適切な場所で横断すれば良いです。また、ベトナムライダーはわたる人を交わして、運転しますので、横断するのはそんなに怖いことではありません。(笑)

バイクの種類ですがほとんどはホンダやヤマハ、スズキなどが占めています。もっと値段が高いバイクだとPiaggioなどがあります。
ベトナムでは、人によって異なりますが、良いバイクに乗れば、お金持ちの人とみなす考え方が一般になっているので、バイクを見るだけで人を判断する人が少なく無いです。

Blog

渋滞

ベトナムでは渋滞がよく発生します。バイクと個人的な自動車の急増により、渋滞の問題は深刻になってきます。特に出勤(7時半〜8時半)と退勤(17時〜18時)の時間だと普通15分しかかからない距離は30分〜45分もかかってしまいます。インフラの整備が追いついていないのは原因の一つですが主には人々の意識がまだ低いので、なかなか改善できていないです。

出勤の時、特に雨の日だと、誰も先に移動したくて、ルールを破って、勝手に移動するので、大混乱になってしまします。実際はベトナムの交通ルールが厳しいですが、ルール遵守のチェック・監視は適当で、チェックする人が足りないので、ルールを守らない人はまだ多いです。
ちなみに、以下は雨の日の状況のイメージです。雨が降ったので、朝タクシーで出勤しましたが退勤する時、大雨で渋滞が発生したため、1時間待ってもなかなか帰られなかったです。(泣)

blog2

外国人向けの移動手段

初めてベトナムへ来る人もしくは短期間ベトナム滞在の外国人ならば、一番良い手段はタクシーです。ベトナムのタクシーはほとんどメーターが付いているので、乗った後、ちゃんと確認したほうがよいです。タクシーの値段は初乗りは6000〜11,000ドン(約30円〜60円)で、10分の距離だと約50.000~70,000ドン(約250円〜350円)なので、あまり高くはないと思います。行きたい場所を伝える時、ベトナム語で話せないなら、紙に書いて、運転手に渡せば良いです。

しかし、ボッタクリのタクシーもありますので、呼ぶ前に信頼できるタクシーを確認しておくのは安全です。ベトナムでの信頼できるタクシーはMaiLinh, TaxiGroupなどがあります。
タクシーのほか、バイクタクシーなどもありますが値段交渉が必要なので、詳しくないならば、倍または2倍の値段で払うこともあるので、要注意です。

まとめ

将来、渋滞などの交通事情を改善するために、ベトナム政府はバイクの数を徹底に削減するように制限をかける計画がありますが、インフラの整備はまだ完成できていないので、実施するのはなかなか難しいです。なので、とりあえず、渋滞、雨の中で排気ガスとノイズの楽しさを探しましょう。(笑)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!