ベトナムでの2016年度のマーケティングトレンド10選

Blog2306

こんにちは、ベトナムリーダーのチャンです。
SEOの主題に続きまして、今回の記事はベトナムでの2016年度のマーケティングトレンド10選について書きます。興味のある方はどうぞご覧ください。

目次

  • ベトナムのマーケティングトレンドの10選
  • まとめ

ベトナムのマーケティングトレンドの10選

ビデオでの広告

すでに多くのユーザー(1500万以上)を持っているYouTubeのようなチャンネルは使用量でもインタラクションでも強い成長を続けています。
2014年以来、Facebook(ベトナムの34万口座も持つ)もビデオ向けのプロモーションを強化し、2016まで、その活動をより強化しています。
そのため、ビデオリソースを全て活用して、伝送用チャンネルの設置に注意を払うべきです。

動画自体はTVC(テレビコマーシャル)にしてもいいし、商品または広告をビデオの最上または最下に入れるバイラルビデオクリップにしてもいいです。
今では、スマホがあれば、簡単にビデオを作成することができますので、SNSでのビデオ広告をやってみてください。

PCよりスマホの方が圧倒的に

2015年の4月からGoogleはMobilegeddonという新しいアルゴリズムを開発し、その中にウェブをモバイルインタフェースがあるものとないものの2つに分けました。

さらに、モバイルインタフェースのあるウェブサイトのみを優先して、表示やランキング付けをします。このアルゴズムは世界中のウェブサイトの60%以上に影響を与えて、今まで一番大きい影響だと言われています。

ベトナムでは、モバイルインタフェースのないウェブサイトのランクは急に下がってしましました。
この傾向は今年でより厳しい状況になると言われています。

マーケティングオートメーションが王位

マーケティングオートメーションとはマーケティングの各プロセスにおけるアクションを自動化するための仕組みやプラットフォームのことです。

2016年度のマーケティングトレンドの優先順について言えば、マーケティングの自動化、マーケティングや顧客ケアーの最適化ソフトであるマーケティングオートメーションが一位になっています。
次はコンテンツマーケティング、ビッグデータ、モバイルマーケティングの順となります。
マーケティングオートメーションとは何かについてもう少し入れる

コンテンツマーケティングが引き続き重視される

コンテンツマーケティングとは、有益のコンテンツを作成・配信することでターゲットの顧客を集客・獲得するためのマーケティング手法を指します。
FacebookとGoogleはインターネットでの良質なコンテンツを検索・重視する目標を追求し続けます。

2016年でもコンテンツが引き続き重視され、さらに多くのユーザの注意を引きつけるように改善される傾向があります。
また、ビデオがどこでも見える今の時代には、良質なコンテンツがさらに重視されるのが言うまでもないことです。

統合型マーケティングがまだ圧倒的な位置を占めている

統合型マーケティングの特徴はマルチチャンネルでのアプローチで、ターゲットとなる顧客アプローチ可能性の全てから確保するということです。
あらゆるの選択肢の中では、アプローチの可能性と目標達成度が高いため、統合型マーケティングのマルチチャンネルの対策が多くのユーザに選ばれています。

ベトナムテレビの盛期

世界では、数年前からテレビ視聴時間が減少する傾向があるため、テレビ離れになって、各チャンネルの視聴率の下落が続いて、テレビでの広告の効率もだんだん下がってしまいます。
ですがベトナムでは、そういう状況は遅い速度で進んでいるため、少なくとも数年後にテレビの盛期はまだ続いている見込みがあります。

KPIの重視および高いインタラクティブ性の要求

KPIとはkey performance indicator の省略で、重要業績評価指標のことを言います。
KPI(重要業績評価指標)はいつよりも重視されています。また、いずれかのマーケティング活動でも高いインタラクティブ性が要求されます。
実際のインタラクションは売上に変換しやすいため、ユーザは特に実際のインタラクションに注意を払っています。

SMSマーケティングは困難な状況

SMSマーケティングとはショートメッセージ配信サービスのことです。
もし、ベトナムでは、前払いとあと払いのSIMの管理が厳しく実施されるとSMSマーケティングは本当に困難な状況に会うのが事前に推測できることです。不動産の各企業は1〜2%顧客を集客できるチャンネル(実はスパムである)を使えなくなります。
多くの国では、前払いのSIMを買いたい場合、パスポートで登録する必要があり、購入者のデータが政府の保全データに格納されます。

デジタルプラットフォーム上で展開される広告の費用が高くなる

多くのユーザをアピールできるデジタルの要因の一つはやすい値段でターゲットとなる顧客をどこからアプローチできるかということです。
2016年にはデジタル広告は多くのユーザに使われて、ブームになる見込みがあります。
デジタル広告の仕組みはオークションであるため、価格は2015年度より高く上げられます。
価格が高くなるが異なる指標から見ると、デジタル広告はなんといっても効率のあるアプローチで、他の広告形式と比べるとまだやすいので、各企業、特に広告会社にとっては良い選択肢と言えます。

印刷新聞、特に雑誌は困難な状況に会う

2016年は印刷新聞のあらゆる側面での低下をマークする年と言えるでしょう。
世界中で広告に最も多くのお金を費やすP&Gは2014年から伝統的なメディア、特に印刷新聞のために使う支出を世界中での規模で削減すると発表しました。

最近、パートナーである広告企業の40%と支出を大きく削減しました。幾つかの国では、伝統的なメディア、特に印刷新聞用の予算をほとんど削減しました。

まとめ

以上、「ベトナムでの2016年度のマーケティングトレンド10選」について書きました。ベトナムでのマーケティングをやろうとする方は是非参考にして、何かお役に立つことがあれば嬉しいです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!