Instagramで自分へのタグ付けを削除する方法

20170227C

自社サイト 採用・人事評価セミナー

こんにちはライターのだるまさんです。今回はInstagramで写真に自分がタグ付けされた際に、それを削除する方法を紹介していきます。相手に悪気はなくても、なんとなくタグ付けされるのはあまり…という方、多いと思います。こちらでやり方を知ってもしもタグ付けされてしまった時はそっと対応してしまいましょう。

目次

  • Instagramの自分へのタグを削除する方法
  • まとめ

Instagramの自分へのタグを削除する方法

1タグ付けされると、自分のプロフィール画面の赤枠の箇所に通知が表示されます。
通知のマークをタップして、

2写真をタップし、

3顔の部分をタップすると、

4赤枠の箇所に自分の名前のタグが表示されます。
そこでタグをタップすると、

5このような画面が表示されるので、赤枠で囲んだ「その他のオプション」をタップします。

6そしてさらにもう一度赤枠で囲んだ「写真から自分のタグを削除」の箇所をタップして、

7

「削除」をタップすればOKです。

8

これで自分の写真に付けられたタグが消えて、顔の部分をタップしても名前が表示されなくなります。
自分のプロフィールにこのタグ付けの写真を表示したくない場合は、

9この画面から右上にある「…」のマークをタップして

10

「写真を非表示にする」を選び、

11

赤枠のチェックボックスをタップして写真を選択し、下にある赤字の「写真を非表示にする」をタップします。

12すると赤字で「プロフィールに表示しない」という文言が表示されるのでこれをタップして完了です。
ちなみに非表示にしたい写真が複数ある場合、こんな風に一つずつチェックを入れて選択する形になっています。

132枚非表示にしたい写真がある場合は、

14このように2箇所にチェックを入れる必要があります。

まとめ

インスタグラムのタグは、プロフィールを公開にしている場合は全員が見ることができて、非公開の場合はフォローワーのみがタグを見られる仕様になっています。自分の顔と名前が知らない人に知られることが嫌な人は、設定を見直すか、タグ付けされたらすぐに削除するなどして、しっかりと対応をしましょう。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
だるまさん

だるまさん

みなさんの興味関心にちゃんと届く記事、なんかよくわからないなぁーという疑問をしっかりと解決できる記事をお届けしていきたいです。ちなみによく使うWEBサービスはInstagramとradikoで、深夜ラジオや音楽が好きです。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!