MacのExcelやWordが遅い!その時に見直すこと!

20170503A

MacでもMicrosoftのOfficeをインストールすればExcelやWordを使うことができます。
MacでExcel、Wordを使っている人でよく起こるのが「文字を入力するのが遅い!」といった問題です。

  • フォントを変更する時に長い時間待つことがある
  • 日本語入力をする時に入力スピードに全く追いついていない

など、調子が悪いとこういった問題が起こります。

今回はこの件についてお話します。

目次

  • ストレージの容量を確認する
  • 環境設定ファイルを削除する
  • MicrosoftのCacheを削除する
  • まとめ

ストレージの容量を確認する

mi_03

一番初めにストレージの容量を確認しましょう。

  • 左上のリンゴマークをクリック
  • このMacについてを選択
  • 画面が表示されたら「ストレージ」タブを選択

そうすると現在のストレージの使用量が表示されます。
このストレージの容量が少ない状態だと、Macが遅くなってしまいます。
Dropboxなど共有をしていると思いの外容量を使っていることが多いです。

必ず確認をしましょう。

環境設定ファイルを削除する

mi_04

現在のExcelの環境設定ファイルを削除します。
※環境設定ファイルを削除する場合は自己責任でお願いします。

Excelは終了にしておいてください。

  • Finderを開く
  • 「Shift+⌘+G」を押して「~/ライブラリ/Preferences」をパスに入力して移動
  • 「com.microsoft.Excel.plist」「com.microsoft.office.plist」を削除する

 

MicrosoftのCacheを削除する

mi_05

  • Finderを開く
  • 「Shift+⌘+G」を押して「~/ライブラリ/Caches」をパスに入力して移動
  • Microsoftのフォルダーを削除する

mi_06

Cacheを消すことで解決することが多いです。
「Excelが重い!」と感じて容量に問題がなかったらCacheを削除してみましょう。

まとめ

これでも解決出来ない方は「フォント」の重複を解決してみましょう。
Macを使っているデザイナーの方だとフォントを沢山いれていてそこに問題が生じる可能性もあります。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
加藤 拓

加藤 拓

企業のメディア化アドバイザー株式会社インファクト
「WEB集客&企業のメディア化アドバイザー」の加藤です。
ホームページからの集客でお困りの方や売上アップのお手伝いをするためにアドバイザーとして「企業のメディア化」の立ち上げをサポートしています。
元々WEB制作スタッフとして仕事をしていたのでHPの構造も知っていますので、コアな部分を踏まえてお手伝いさせて頂きます。これからもお客様のお役に立てるような情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!