GoogleオプティマイズでABテストを実践しよう!【初心者向け】後編

今回のブログ記事です。
前回に引き続き、Googleオプティマイズの使い方です。今回はコンテナの作成からテストまで見ていきましょう。

GoogleオプティマイズでABテストを実践しよう!【初心者向け】後編

目次

  • コンテナの作成
  • テストの作成
  • Googleアナリティクスの紐付け
  • スニペットの設定
  • まとめ

コンテナの作成

さて、ここから本番です。

Googleオプティマイズは、前回作成したアカウントの下に「コンテナ」を作成します。
このコンテナが、テストを行う時の基本単位になります。

なお、途中、Google Chrome(グーグル・クローム)の拡張を使う必要が出てきます。ここからの作業はGoogleのChromeで行ってください。

まずはコンテナを作成しましょう。

container01

コンテナの名前を決めます。自分でわかりやすい名前にしましょう。

container02

これでコンテナができました。

テストの作成

続いてテストを作成します。画面の指示に従ってテストを作成しましょう。

テスト名は後から見て、どのようなテストだったのか?がわかりやすい名前がオススメです。
そして、URLと実施したいテストのパターンを選択したら、「作成」ボタンを押します。

container03

実際にテストパターンを作ります。新規パターンは複数作ることができます。
※ここを飛ばして、後からじっくりテストパターンを作っても大丈夫です。

test1

パターン名は、やはりわかりやすいものがオススメです。

test2

では、テストページを作っていきましょう。

test3

ここからの作業には、Google Chromeの拡張機能「Google Optimize」が必要になります。

まだ入れていない場合は、インストールするように求められるますので、画面の指示に従って、そのままインストールをしてください。

テストページの編集は、実際にランディングページの見た目がそのまま映ります。この画面で直接、編集することが可能です。

test4

修正が終わったら「完了」を押せばテストの準備が終了です。

Googleアナリティクスの紐付け

テスト準備は完了ですが、その前に2つ作業が残っています。
まずは、テストをGoogleアナリティクスに紐付けます。これをやっておくと、テストの結果をGoogleアナリティクスから確認することできるので、非常に便利です。

やり方は簡単です。
まずは、メニューから「Googleアナリティクスへのリンク」を選択します。

※事前に、Googleオプティマイズで使用したアカウントに、対象のGoogleアナリティクスの管理者権限を与えておいてください。詳しくはこちら(→Googleアナリティクスの管理者の追加と種類について

ana1

紐付けたいGoogleアナリティクスのプロパティを選択します。

ana2

これで完了です。

スニペットの設定

Googleアナリティクスとの紐付けができると、自動で以下の画面が表示されます。

snipet

ここからスニペットが取得できますので、テストを行うサイトに設定しましょう。
設定方法も解説されますので、システム担当者に作業を依頼してください。

なお、スニペットは後から取得することも可能です。

ここまで終わったら準備OK、テストを開始しましょう。

まとめ

前回と今回でABテストを簡単に実施できるGoogleのツール、Googleオプティマイズの使い方をまとめました。
ただ、まだまだ安定したサービスではないため、仕様が変わるかもしれませんのでご注意ください。

実際、先月テストした時と、今回ブログ記事を書くために確認した画面では、微妙に仕様が異なっていました。

前回、解説した日本語化を行っていただければ、進め方は親切に説明されているので、読みながら進めていただければと思います。
使ってみて損はないツールだと思いますので、日本語版が出るの待たず、どんどん試することをオススメします。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!