ブログ記事の内容を絞るべき理由とは?1記事で伝えられる内容は?

こんにちは。Web集客&メディア化アドバイザーの持田です。
先週から出張がだいぶ増えてきました。
日本全国を研修で出張できることを目標にして頑張りたいと思います。
さて、今回は「ブログ記事の内容を絞る理由」についてです。

ブログ記事の内容を絞る理由とは

ブログ記事は「1記事1メッセージ」が基本です。
1メッセージと言われると、それだと訪問者に申し訳ないとアレもコレもと記事に情報を盛り込む方もいますが、訪問者が必要としている内容だけが入ってればそれ以上加えなくても大丈夫です。
なぜなら彼らは必要な情報だけを求めているのであって、それ以外は読まないからです。

情報を絞ることによるメリットは?

情報を絞ることのメリットは、わかりやすいことです。
あまり難解な記事にしてしまうと伝わらなくなりますので、シンプルなメッセージほうがいいわけです。
ですから1つの記事の中に3つも4つも言いたいことを書き連ねるより、1つに絞ってそれを詳しく伝えたほうが読み手には伝わります。
ブログで情報発信をするのは、相手に役立つ情報伝えたいからですよね。
目的を達成するには、情報を絞って1つのメッセージをしっかり伝え切りましょう。

文字数稼ぎはいらない⁉︎

1記事の中に複数のメッセージを入れる人の特徴にブログ記事の文字数を気にする人がいます。
ブログ記事の文字数は、かつては500文字と言われていましたが、今では2,000とか3,000文字なんていわれています。
その文字数を稼ぎたいが為に2つも3つもメッセージを盛り込もうとする人がいますが、そうした記事の特徴は内容の薄っぺらい記事が多いように感じます。
もし文字数稼ぎをするために2つも3つもメッセージを盛り込もうとするのであれば、あまり意味はありません。
なぜなら内容の薄っぺらい記事は結局役に立たない記事であるため、離脱率やアクセスの低下に現れてしまうからです。
むしろ文字数など気にせず1つのメッセージをしっかりと書きましょう。
役に立つ情報であれば文字数は1,000文字以下でも構いません。
しっかり伝え切ろうとすると、1,000文字ぐらいはすぐにオーバーします。
文字数は最後のチェックに利用する位で書いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

1つの記事に書く内容は、とことん絞り込んでください。
そして、その内容についてはできるだけ詳しく表現してみてください。
いろいろなことに触れている内容の薄い記事よりもしっかりと役に立つ記事になります。
記事の書き方に悩んでいる方は、1つの内容に絞ってしっかりと書いてみてはいかがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!