オウンドメディアを始める前に準備する5つのこと

オウンドメディアは自社で管理して情報発信できるツールのことをいいます。
ホームページ、ブログ、YouTubeなどがそれにあたります。

情報発信するにはオウンドメディアを活用して行うのは有効な手段ですが、何も決めずに発信することはできません。
準備が必要です。

目次

  • ①オウンドメディアを行うことでの目標を決めよう
  • ②ゴールを決めよう
  • ③何のサービスのゴールを決める?価格も決めよう
  • ④自社のWEBサイトの導線を確認しよう
  • ⑤スケジュール、定点観測、行動を決めよう
  • まとめ

①オウンドメディアを行うことでの目標を決めよう

オウンドメディアは情報発信することでお客様に興味・関心を持っていただいて、お問合せを頂くのが1つの目的です。
オウンドメディアを行うにあたっての目標を決めましょう。

  • WEBからのお問合せを月○件にする
  • アクセス数を月○○アクセスにする
  • セミナーの集客を○○人集める

などなど、目標があると思いますので決めましょう。
一番最初にこれが決められるのであれば決まっていると、その後のゴールや価格も把握しやすいですね。
サービス内容や価格が決まっていないのであれば先にそちらを決めた方が目標が決めやすい場合があります。

また、月にどの位の件数がこなせるかも把握しておく必要があります。

②ゴールを決めよう

WEB上で情報発信して、お客様にどの様に行動を取って欲しいのか決めましょう。
ゴールにはいくつかの種類があります。

  • お問合せが欲しい
  • 電話でのお問合せが欲しい
  • 資料請求が欲しい
  • 注文が欲しい

などそれぞれゴールがありますので決めましょう。

③何のサービスのゴールを決める?価格も決めよう

ゴールがお問合せだとして、何のサービスのお問合せなのか決めましょう。
そのサービスの1件あたりの価格は決まっていますか?

  • サービスの強み
  • 何でそのサービスを行っているのか?
  • そのサービスをお客様が行うことでどんなコトが解決するのか?

サービスのコトを深く考えるようにしましょう。
それでないと価格も決められません。

④自社のWEBサイトの導線を確認しよう

目標、ゴール、価格を決めたら実際にオウンドメディアを行うにあたっての導線を確認してみましょう。

  • 情報発信はどんな内容?
  • 情報発信したらお客様にどんな行動を取って欲しいか?
  • その行動に対してお問合せフォームや電話番号など適切な箇所あるか?
  • ターゲットの人がどうすれば発信している情報を見ることができるか?

といった様に導線を確認していきます。
インファクトではこの導線を確認して設計図を作ることを「集客・販促グランドデザイン」として作成しています。

⑤スケジュール、定点観測、行動を決めよう

  • 情報発信するメンバー
  • 情報発信するスケジュール
  • お客様の行動に対してどの位見られて、どの位反応があったか解析する準備
  • WEBの解析に対しての改善を反映させる手順は整っているか?
  • 情報発信、改善するために担当者はいるか?
  • どの位のペースで行うか?

必ず行動スケジュールを決めて、メンバーと一緒に定点観測を行っていくことが大事です。
これが決まっていないと「とりあえず作って終わり」といった形で終わってしまいます。
次、動く時には「時間、労力、お金」が大きく消費してしまう恐れがありますので、必ずスケジュールを決めて、実行するようにしましょう。

続けて実行するのが一番難しいかもしれませんね。

まとめ

オウンドメディアを行うのに必要な準備についてまとめました。
このブログ記事は画像など随時ブラッシュアップしていきます。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
加藤 拓

加藤 拓

企業のメディア化アドバイザー株式会社インファクト
「WEB集客&企業のメディア化アドバイザー」の加藤です。
ホームページからの集客でお困りの方や売上アップのお手伝いをするためにアドバイザーとして「企業のメディア化」の立ち上げをサポートしています。
元々WEB制作スタッフとして仕事をしていたのでHPの構造も知っていますので、コアな部分を踏まえてお手伝いさせて頂きます。これからもお客様のお役に立てるような情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!