インスタグラムの位置情報を活用して集客に活かそう!

おはようございます!
暑さが少し和らいだ京都の山井です。

前回、インスタグラムのショッピング機能についてご紹介しました。
今回もインスタグラムで集客する際に、活用できる方法をご紹介します。
インスタグラムで投稿する際に、必ずハッシュタグを付けて検索からの集客を狙います。

実は、ハッシュタグ以外にも集客に役立つ第2のハッシュタグがあります。
それは、インスタグラムで投稿する際に設定できる「位置情報」です。
位置情報の設定は、意外に見落としがちで設定していない方もおられるのでメリットを含めてご紹介していきます!

※インスタグラムの関連記事はこちら>>>インスタグラムの投稿時間はいつがいい?1番見てもらえる時間帯を公開!

インスタグラムの集客に役立つ「位置情報」とは?

位置情報とは、写真を撮影した場所を投稿する際に設定できる機能です。
投稿の際に位置情報を設定することで、写真と一緒に場所を知る事ができます。
Googleマップで詳細を確認することができるので、写真を見てその場所に行きたい場合などにとても便利です。

インスタグラムの位置情報を設定することで、投稿した写真への入口を増やせることができます。
インスタグラムは、投稿にハッシュタグを付け、ハッシュタグを検索して希望する画像を探すことができます。

実は、ハッシュタグ以外にも位置情報でも検索することができるのです。
検索画面から位置情報を選択し、探したい施設名や住所を入れると候補が表情されて探し出すことができるようになっています。

つまり、ハッシュタグに加えて位置情報からも検索することができるので、ユーザーの導線を増やすことができます。
これは、インスタグラムを集客口の一つとしている場合とても重要な機能になりますね。

位置情報のメリット

インスタグラムの位置情報を設定する一番のメリットは、ハッシュタグ以外からの集客窓口ができることです。

前述で少し触れましたが、位置情報はどこかのお店や地名などで投稿の検索ができます。
検索の方法が増えることは集客の窓口が増えることに繋がるので、大きなメリットとなります

また、投稿画像に位置情報を設定しておくことにより、その投稿を見たユーザーが興味を持った場合、わざわざGoogleマップなどで場所を検索しなくても位置情報が設定されていればその投稿からGoogleマップなどで確認ができます。

ユーザーの手間を省くのでページの離脱を防ぐことができ、インスタグタム内で位置情報を確認できるので店舗をお持ちの方は集客に活かせます。

他にも、お店に訪れたお客様にインスタグラムで店舗情報を位置情報付きで写真を投稿してもらえると、情報の拡散に繋がり宣伝になります。
このことから、店舗や商業施設のアカウントは位置情報を活用すると集客の効果を期待できます。

位置情報のデメリット

インスタグラムの位置情報を設定するデメリットは、位置情報を設定すると投稿した写真の場所がわかるため、自宅や知られたくない場所の場合は位置情報を設定しない方がいいです。

店舗や商業施設のアカウントの方は、位置情報が知られても特にデメリットはなく、逆にメリットの方が大きいので気にせず位置情報を設定してください。

また、もう一つのデメリットとしてインスタグラムで位置情報を設定した場合、Googleマップなどで見た位置と微妙にズレていることがあります。
これは、インスタグラムで設定された位置情報に基づいてつけられたポイントによる影響だと思いますが、微妙にズレている場合があります。

頻度はそれほど多くありませんが、インスタグラムで設定した位置情報とGoogleマップなどで検索した際に表示されるポイントが若干ズレていることがあります。

そのため、位置情報を設定して投稿後、一度投稿から位置情報を確認し、実際のGoogleマップなどで表示されているポイントとズレていないか確認されることをおすすめします。

インスタグラムの位置情報がズレていたことを考えて、投稿に住所や店舗サイトなどのURLを貼り付けておくのも対策として有効です。

位置情報の設定方法

インスタグラムの位置情報の設定は、投稿する際に設定します。
今回は、実際にAndroidの画面を見ながらご説明します。

まずは投稿設定から「位置情報を追加」の項目をタップします。

次に、設定したい位置情報(京都駅)を検索します。
※この際に、スマートフォンの「位置情報サービス設定」をONにしていないと、位置情報の検索と設定ができませんのでご注意ください!

検索すると、下に位置情報(京都駅)の候補がいくつか出てきます。
ここから、設定したい位置情報をタップして位置の設定を行います。

すると、選択した京都駅の位置情報が投稿画面で設定できました。
ここからは、いつもの通りにハッシュタグなどを設定していただき、投稿完了をしてください。

位置情報からの投稿検索方法

今回は、ユーザー側からの視点として位置情報から投稿を検索する方法もご紹介していきます。
こちらも実際にAndroidの画面を見ながらご説明します。

まず、ホームの画面から検索アイコンをタップします。

次に①のスポット検索を選択し、②へ検索したい位置情報を入力します。

位置情報として京都駅を検索すると、下の欄に候補がいくつか出てきます。
その候補の中から、検索したい位置情報を選択します。

すると、検索した位置情報が設定されている投稿が表示されます。


ここから、検索した位置情報の投稿を確認することができ、その場所に関する様々な写真を見ることができます!

インスタグラムの位置情報を活用した集客事例

実際に位置情報を活用したキャンペーンを行なっている事例を1つご紹介していきます。

Instagram・Twitterで九州旅行の写真を投稿! 『#旅咲ガール』ハッシュタグキャンペーン

『#旅咲ガール』ハッシュタグキャンペーンは、JR西日本が行なっているインスタグラムの位置情報を活用したキャンペーンです。

Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)で「旅咲ガール」公式アカウントをフォローし、九州で撮影した「いいね!」したくなる写真に、ハッシュタグ「#旅咲ガール」とリメンバー九州5県(佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県)のご旅行先の位置情報をつけて投稿するだけで参加できます。

賞金も用意されており、ユーザーも自身の「オススメスポットを紹介する」という口コミ感覚で位置情報付きの投稿ができるので楽しみながら参加できます。

JR西日本からすると九州の情報拡散や鉄道の利用にも繋がるので、インスタグラムのキャンペーンをうまく活用して集客している事例です。

公式サイト:『#旅咲ガール』ハッシュタグキャンペーン
インスタグラムアカウント:@remember.tabisaki.girl

まとめ

いかがでしたか?
インスタグラムの位置情報設定の方法をご紹介しました。
最近の若い方は、ネットを使わずインスタグラムを検索ブラウザとして使用する人が増えているそうです。
そうした背景からも、位置情報機能は重要になってきます。
インズタグラムの位置情報も設定して集客にご活用ください!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山井海人

山井海人

INFACT 京都office 株式会社インファクト
京都生まれの株式会社インファクトのディレクターです。
京都を代表する観光地の嵐山に近い右京区で育ちました。
過去に広告会社で営業を経験し、ヘルス業界を中心にホームページやポータルサイトを介した集客のお手伝いをしていました。そこで、WEBマーケティングの有無や良し悪しで集客に大きく影響を受ける事を学びました。その経験を活かし、インファクトではお客様の課題に沿った最適なWEBサービスをお届けできるよう努めています。
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!