G SuiteのGmailをログインしなくても確認する方法

Gmailを使用していたけれどG Suiteをメインで使用することになった場合、2つのアカウントにログインしなければいけないので面倒くさい…と思いませんか?
Gmailにログインしなくても、G SuiteのGmailでメールを確認する方法があるんです!

G SuiteのGmailを別のGmailで確認する方法

G SuiteでログインしてGmailにアクセスします。

歯車マークをクリックして【設定】をクリックします。

【メール転送とPOP/IMAP】>【転送先アドレスを追加】をクリックします。

転送先アドレスを追加する画面が表示されるので、転送したいGmailアドレスを入力します。

転送するGmailの許可を取るために、Gmailアドレス宛に確認のメールが送信されます。

転送させたいGmailアカウントにログインして、メールを確認します。
G SuiteのGmailの設定はこの後もあるので、閉じずにいてください。
混乱しないように、G Suiteでログインしているブラウザとは別のブラウザでGmailにログインするといいですよ。

確認コードをコピーして、G SuiteのGmailの設定に入力するか、赤枠のURLをクリックして転送の承認をしてください。

Gmailでは認証作業を行って終了です。

G SuiteのGmailの画面に戻ります。
承認URLをクリックした場合は、ブラウザの更新。
確認コードをコピーした場合は、確認コードを入力。
下記の画面の表示になったら、赤枠にチェックを入れて【保存】して転送設定は完了になります。

ちゃんとG SuiteのGmailで転送受信できるか、Gmail以外のメールアドレスからGmail宛にメールを送信して確認してみてくださいね。

最後に…

会社でGmailを使用していたけれど、G Suiteで運用することになったので、Googleアカウントが2つになってログインするのが面倒…という方には便利な設定なので、設定してみてください。
メインで使用するG SuiteのGmailでメールが確認できれば、ログインするアカウントは1つの済むので楽になると思います。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
今野 ちか
株式会社インファクトでWEBサイト・ブログの制作からお客様サポートまで担当しています。どう改善したら伝わりやすいのか、反応が出るのかを常に考えながら仕事に取り組んでいます。WEBサイトだけでなく、紙ものメール設定など、幅広い業務に携わっているので、色んな視点でお客様のお手伝いができると思います。よろしくお願い致します。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!