G SuiteのGmailで複数のメールアドレスに転送させる方法

G SuiteのGmailアドレスを複数のメールアドレスに転送する設定方法について説明致します。
G Suiteを導入されていれば、今までサーバーにログインして転送設定していたことが、Gmail内でカンタンに転送設定することが可能です。

Gmailの転送設定とほぼ同じですが、同じドメインのG Suite内の転送は認証作業がありませんので、楽に設定することが出来ます。

転送メールアドレスを追加する

Gmailの【歯車マーク】をクリックし【設定】をクリックします。

【メール転送とPOP/IMAP】>【転送先メールアドレスを追加】をクリックします。

【転送先アドレスを追加】画面がポップアップ表示されるので、転送先のメールアドレスを入力し【次へ】をクリックします。

入力したメールアドレスをメールの転送先として追加するか確認されるので、【続行】をクリックします。

転送の項目欄に【受信メールを(入力したメールアドレス)に転送して〜〜受信トレイに残す】にチェックを入れ【変更を保存】をクリックします。

これで、転送先メールアドレスの登録が完了です。
転送先メールアドレスが1つの場合はこの設定で、転送設定が完了になりますが、複数メールアドレスに転送する場合は、次のフィルタ設定が必要になります。

フィルタ設定でメールの転送設定をする

【フィルタとブロック中のアドレス】>【新しいフィルタを作成】をクリックします。

フィルタの作成を行います。
今回は、「sample@sample.jp」に届くメールを転送させるので、送信先(To)に「sample@sample.jp」を入力し、【フィルタを作成】をクリックします。
※送信元で転送先を変える場合は、送信元(From)にメールアドレスを入力してフィルタの条件を変更して設定します。

【次のアドレスに転送する】で転送先のメールアドレスを選び、【フィルタを作成】をクリックします。

フィルタ設定が完了すると、設定されているフィルタの一覧に追加されます。
「転送先メールアドレスの追加」と「フィルタ設定でメールの転送設定」を繰り返すことで、転送先を複数追加することができます。

下記の設定では、「sample@sample.jp」に届いたメールを
example@sample.jp / example02@sample.jp /  example03@sample.jp に転送させることができます。

最後に…

採用のためのメールアドレス、お問い合せのためのメールアドレスなど、1つのメールアドレスを複数人で確認したい場合は、転送設定がとても便利です。
ぜひ、転送設定を活用してみてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
今野 ちか
株式会社インファクトでWEBサイト・ブログの制作からお客様サポートまで担当しています。どう改善したら伝わりやすいのか、反応が出るのかを常に考えながら仕事に取り組んでいます。WEBサイトだけでなく、紙ものメール設定など、幅広い業務に携わっているので、色んな視点でお客様のお手伝いができると思います。よろしくお願い致します。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!