中堅・中小企業がテレワーク導入に必要なもの5つ!テレワークは簡単に始められる!

中堅・中小企業ICT化アドバイザーの岡田です。
有事によりテレワークが注目を浴びています。実際に今回を機にテレワークを導入した!と、ピンチをいい感じに社内体制の見直し、強化にあてたという社長さまからのお話も聞きます。
実は今やテレワークなんて簡単にできます!
特別なハードやソフトはいりません。

それでは、テレワークに必要なものをご紹介します。

パソコン

テレワークにまず必要なのは、ノートパソコンですね。これは、普段からノートパソコンにしておくことで、会議室に持ち込めれるなどのメリットもあるので、会社で貸与するパソコンはノートパソコンにするのがいいですね

インターネット

今や自宅でWi-Fi環境がない、という方は少ないかもしれませんが、テレワークにはインターネット環境がかかせません。これは、会社でどうというより、テレワーク希望者の条件として、仕事に支障がでないスピードのインターネット環境がある、というのを設けておくのがいいですね。

クラウド型 勤怠管理システム

さて、テレワークで気になるのが、何時から働いてる?中抜けしてる?ということですねよね。テレワークなので、タイムカードをおすなんてナンセンス。かといって、テレワーク対象者ごとにエクセルの用紙を用意して時刻を入力させるのも、だいぶナンセンス、笑一週間まとめて、9:00〜17:00とまとめてつけるのが、オチですよね、笑

なので、テレワークをするには、クラウド型勤怠管理システムを導入するのがよいでしょう。
クラウド型勤怠管理システムは、もちろん、Smooth勤怠がおすすめです。
テレワークに最適だと言える理由は、
・GPSで打刻場所がわかる
・予めテレワーク場所のIPアドレスを設定しておくことで、不正打刻防止
・休憩が何度おされても勤務時間の合計が自動計算される

 

Smooth勤怠:400円/月/アカウント

社内ファイルサーバのクラウド化

社内共有ファイルサーバが、社内のネットワークでなければ、アクセスできない状態では、仕事になりません。日常から社内の共有ファイルサーバは、クラウド化しておくといいですね。おすすめは、G Suiteです。G Suiteは、その他にもテレワークで使える便利機能がたくさんありますが、クラウド型ファイルサーバのGoogleドライブがついてきます!!

G Suite:680円〜/月/アカウント

簡単にできるWEB会議ツール

20171017_6

やはり、顔をみながら、資料を見せながら打ち合わせできるツールは必要です。たくさんのWEB会議ツールがありますが、ポイントは、とにかく、手間なく、打ち合わせしたい相手とすぐつなげられるものです。
例えば事前にID交換をしなくては、使えないスカイプ等は向きません。
G Suiteの中のハングアウトやZOOMがおすすめです

ZOOMに関して、詳しくはこちら。
Zoomでアカウント登録しないでWEB会議をする方法

G Suiteの料金内でハングアウトができます!
ZOOM:無料版でも十分、プロ(有料版)$14.99/月/アカウント

まとめ

今やテレワークは、特別なハードを入れたり、拠点感の情報を事前に入れたりしなくても、可能です!
有事が起きなくとも、出張やテレワークは当たり前になってきます。日頃からセキュアで且つスペースフリーな働き方ができるように、セキュアでクラウドな環境にしておきたいものです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!