【参考にしたい!】BtoB非対面型ビジネスモデル「ほしい!ノベルティ」

こんにちは。京都Officeの岡田です。前回の記事コロナ禍で明暗を分けた業種、生活者の価値観・消費行動はどう変わるのか?でもいかにデジタルシフトが重要かをご紹介しました。

今回は事例紹介として、EC-CUBE構築事例サイトで見つけたサイトを紹介します。
・中堅・中小企業でも自社サイトでBtoB 非対面型ビジネスモデルに移行できる!
・ECサイト構築プラットフォーム(EC-CUEB)活用でもここまでできるんだ!
の参考になれば幸いです。

驚きと感動のノベルティ・名入れ・記念品「ほしい!ノベルティ」

驚きと感動のノベルティ・名入れ・記念品「ほしい!ノベルティ」
https://www.shop-stationery.com/

名入れノベルティ サービスは新しいサービスではありませんが、まだまだECサイト化でサービス展開されていないところも多いと思います。
基本の流れは、↓ですよね。
カタログ→FAX注文→見積もり書発行→正式発注→発注内容を制作部門に流す→納品
これをすべてオンラインでオンライン(ECサイト)で完結できるようになっています。さらに、「ほしい!ノベルティ」サイトの素晴らしいところは、ユーザーが人に聞きたくなるようなこともすべて、このサイトで完結できるような機能が盛り込まれており、選びやすい、買いやすい=だからこそオンラインで完結できる 仕組みになっているところです。

目的別から探せる


どこのECサイトでも見る機能ですが、商品点数、パターンが多い分、ノベルティだけにこのあたりは必須ですよね。これで、いっきにユーザーは選びやすくなります。

予算と必要個数から選択可能商品を絞り込んでくれる

これはよく営業マンさんが「そのご予算と必要個数でしたら、このあたりになりますね、ここからお選びいただくのはどうですか?」とやることをユーザーがECサイトで上自分で見ることができる、というわけです!まさに、非対面で完結させられる、キモ機能ではないでしょうか。

BtoBには必ず必要になる、見積書、請求書もECサイトから出せる


BtoBECでは必須になってきます。このあたりもきちんとカバーされております。

まとめ

いかがだったでしょうか。貴社の既存ビジネスに置き換えてみてください。なるほど、このあたりを用意しておけば、いける!というヒントになれば、幸いです。
100%ではなくても、まずは既存取引の3割でもECサイトの方で完結できるようにすれば、その3割にあたっていた営業マンさんや在庫管理をされていた人員は、商品企画やその他新サービスの構築などなどにあたることができます。
非対面型ビジネスモデルに移行する際は、最初からすべてを移行できるようにする!と思わないことが重要だと思います。
まずは3割、次に5割、8割、9.5割とECサイト(仕組み)を育てていくという心構えです。ビジネスも変化しますから、変化に適応しながら育てる。これが重要だと思います。
非対面型ビジネスモデルへの転換は、ユーザーも待たされることなく在庫確認、見積もり、発注処理が行えるというユーザーメリットと、上記のような売る側のメリットがマッチする、まさにwin.win サービスなのです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!