ブラウザって何?日本で使われているブラウザとそれぞれの特徴

blog_image

皆さんこんにちは。
納豆を食べるときにからしが欠かせない、イノクチです。

もはや日常的な行動になっているとは思いますが、日頃から、調べ物をしたり、ネットショッピングをしたり、好きなブログ(インファクトブログとか、インファクトブログとか・・・)を閲覧したりと、PC・スマートフォンを使って皆さんはインターネットを活用していると思います。

今回は、そんなインターネットを日頃利用している人たちに向けて、多様化してきた情報化社会にするどくメスを入れるべく(?)、日本で主に使われているブラウザをさらりとご紹介致します!

そもそもブラウザって何?

ブラウザとは、ものすごく噛み砕いて説明すると、今まさに皆さんが使っている「ウェブサイトを見るためのソフト」のことを指します。

なるほど。普段Webページを見るのに使っているものが「ブラウザ」ということは分かりました。(´-`)
では、ブラウザとは、具体的にどういったソフトの事を指す、またどんな種類があるのか。

日本でよく使われているブラウザを機能別にご紹介していきます。

世界で最も利用されている標準ブラウザ
Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)

ie-icon

全世界のシェアNo.1のブラウザがこのインターネットエクスプローラー。通称IE(アイ・イー)です。
Windowsに標準搭載されているブラウザであるため、トップシェアを歩み続けているIEですが、様々な問題を抱えていることでも有名です。

また、幾度と無く試練を乗り越えてきたIEは、バージョンアップを何度も行なっていますが、バージョンごとにホームページの見栄えが異なるということも有名なお話で、私を含めたWebの制作者の中では、忌み嫌われる存在でもあります(笑

人気者が故の問題児として、無視できない代表的なブラウザの一つです。

拡張機能に優れた万能タブブラウザ
Firefox(ファイアーフォックス)

firefox-icon

アドオンブラウザの先駆者的存在でもあるFirefox。
代表的な機能でもあるアドオン(拡張機能)とは、通常のWebページの閲覧をより利用しやすくするための機能を追加することで、自分好みのブラウザに設定できることが大きな特徴と言えます。
アドオンの他にもスキンの変更機能や、ページの表示速度にも定評のあるブラウザとして知られています。

Firefoxのダウンロードはこちらから

Googleアカウント連動型超速ブラウザ
Google Chrome(グーグルクローム)

chrome-icon

シェア拡大率は現状トップとも言える高機能ブラウザであるクローム。(チョロメとは読みません)

とにかくクロームは、起動も早く、webページの表示も他のブラウザに比べて圧倒的に早いです!
さらに、Googleアカウントとの連動により、別のPCやスマホ間での、お気に入りや閲覧履歴の共有などが簡単に行うことができます。
この他にも様々な便利な機能を兼ね備えたクロームですが、それはまた別の機会に詳しくご紹介致します。

Google Chromeのダウンロードはこちらから

まとめ

今回ご紹介したブラウザは、特によく使われている代表的な3代ブラウザと言われています。
他にもいろいろな特徴を持ったブラウザもありますので、ご自分の用途に合ったブラウザを探してみるのもいいと思います。

ちなみに私は、様々なブラウザを経て、現在ではGoogle Chromeを標準ブラウザとして愛用しております。
(やはりアカウントとの連動は素晴らしいです!)

皆さんも今のブラウザに不満を感じたら、一度他のブラウザを検討してみてはいかがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!