ブログ記事に書くのは答えです!WEB集客ならインファクト

ブログ記事の内容は何を書くのか?記事の内容に悩まずに書く方法

おはようございます。

WEB集客&メディア化アドバイザーの持田です。

年始は平成最後の一般参賀に行ってきました。

あまりの人の多さに驚きましたが、やはり歴史的イベントですから皆さん並んでも参加したいですよね。

私も参賀に行ってとっても貴重な経験をすることができました。

さて、今回は「ブログ記事の内容を何にするのか」ということについてお伝えします。

ブログ記事の内容は最初から決まっています。

ブログ記事の内容は、書く前から決まっています。

こういうことを書くと驚かれるかもしれませんが、ブログ記事はすべてこのルールに沿って書かれることが重要です。

そのルールというのは、「検索された答え」です。

これはブログ記事に限らず、ホームページでも一緒です。

読者はホームページの訪問者の方は、全て何らかの悩みや望みを解決したくて検索しています。

その検索結果の中から自分の悩みを解決したり、望みを叶えてくれそうなタイトルを選んで訪問しています。

このルールが分かると、ブログ記事に何を書けばいいのかというのは当然のことながら「答え」を書けばいいわけです。

記事の内容に悩まずに書く方法

記事の内容に悩まずに書くには、どのような悩みや望みの「答え」を書くか決めることです。

そもそもその悩みや望みは「誰が」抱いているものでしょうか。

そしてその人はどのような答えを求めているのでしょうか。

これが分かると自然と書く内容が固まります。

記事の内容がなくていつも記事が書けないという悩みをお持ちの場合、こうした「答え」を決めていないから、質問にあたる検索キーワードが決まらず、結果としたタイトルも決まらないということが起こるわけです。

ブログ記事を書く際に記事の内容が決まらない、ということで悩んでいるならまずはどのような答えを発信しようとしているのかを決めてから書いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

具体的なことはあえて今回書いていませんが、皆さんのお仕事で解決できることは何なのか、それはお客様のどのような悩みを解決するのか、どのような望みを叶えるものなのかということについてじっくりと考えてみるとブログ記事を書くきっかけが掴めるかもしれません。

これからブログ記事を書いてみたい、ブログ記事でお客様を集めてみたいと検討しているなら、こうしたことを取り入れてみることをオススメします。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
持田 修

持田 修

株式会社インファクトで、「企業のメディア化」アドバイザーとして、Web集客に取り組みたい企業さまのオウンドメディアの立ち上げやコンテンツマーケティングの導入をサポート、研修講師として実際のメディア化の立ち上げをお手伝いしています。「しっかりと作り上げたコンテンツは何年たっても色褪せることなく残り続ける会社の資産です。その資産が未来のお客様を創る種になる」ということを日々お伝えしています。1日も早くみなさんの会社の強みや魅力がお客様の元にお届けできるようお手伝いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!