「ホーム」って何?Googleアナリティクスの新画面を解説

20170829A

おはようございます。
「企業のメディア化」アドバイザーの篠崎です。
二階建て新幹線MAX。来年で退役するこの車両、甥っ子にぜひ体験させたいと思い、この前ポケモンスタンプラリーのついでに乗りました。大宮から上野までの20分弱。ほとんど満員の自由席の二階でしたが、甥っ子にとっては良い思い出になったようです。

さて、今回もGoogleアナリティクスの話題です。
ちょこちょこと改良が加えられるGoogleアナリティクスですが、先日加わった「ホーム」って何?という質問がありましたので、アナリティクス初心者向けに、簡単に解説いたします。

「ホーム」って何?Googleアナリティクスの新画面を解説

目次

  • Googleアナリティクスの「ホーム」とは
  • 「ホーム」の見方!時間が無い時は「ホーム」でザックリ確認
  • まとめ

Googleアナリティクスの「ホーム」とは

「ホーム」というのは、Googleアナリティクスに加わった新しい画面です。
これまでは、ログインすると大抵は、ユーザーサマリーに出ていたハズですが、現在は「ホーム」がまずは開きます。

home01

では、この「ホーム」って何?という話ですが、平たく言うと、

ホームページの状況を、1ページで大まかにまとめたもの

です。

Googleアナリティクスで、ホームページの状況は確認したいけど、詳しく見ている時間は無い・・・。そんな時に、ザックリとホームページの状況を確認するのに最適なのが、この「ホーム」です。

最初は、とっつきづらいかもしれません。
しかし、よくよく見れば、ほとんどが、どこかで見たメニューです。

以下、簡単に解説いたします。
(説明はPC版で行います。スマホアプリ版とはだいぶ見た目が違いますのでご注意ください)

「ホーム」の見方!時間が無い時は「ホーム」でザックリ確認

ユーザーサマリー

まず最初に見に入るのが、「ユーザー」「セッション」・・・といった数字が並ぶ項目です。
この単語を見ればわかると思いますが、これはユーザーサマリーです。
※ユーザーサマリーについては、こちらのブログ記事をお読みください。
→ Googleアナリティクスはココを見よう!分析の基本を解説

home2

最初に開いた先は、直近7日間になっていますが、左下で期間を変更できます。
また、ユーザーサマリーを詳しく見たい場合は、右下のリンクから行けます。

ここでザックリと確認し、「おや?」と思ったらユーザーサマリーを開くと良いでしょう。

時間帯別ユーザー数

home3

これは結構便利な機能です。

曜日と時間ごとのユーザー数が、色の濃淡で表されます。
どの曜日、どの時間がアクセスが多いのか?あるいは少ないのか?
といったことを視覚的に確認できます。

Googleアナリティクスでは、カスタムレポートで自分で設定しないと、曜日・時間ごとのユーザー数の傾向を見ることはできません。
Googleアナリティクスに詳しくない人でも簡単に見られるので、非常にありがたい機能です。

ユーザーを獲得している方法は?

home5

これは、「集客」→「概要」の内容にあたります。
左下の集客レポートをクリックすると、実際に「集客」→「概要」が開きます。

「Traffic Channel」は、「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」の内容です。
「Source / Medium」は、「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照元/メディア」、「Referrals」は、「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照サイト」に相当します。
※詳しくは以下のブログ記事を参考にしてください。
→ チャネルとは?Google(グーグル)アナリティクスの見方

最もよく使われているデバイスは?

home7

これは、「ユーザー」→「モバイル」→「概要」の内容です。
ユーザーが、PC環境なのか?スマホなどのモバイル環境なのか?を比率で現しています。
比率も大切なのですが、ここのデバイスごとの詳細な数字の方が重要ですので、「ユーザー」→「モバイル」→「概要」を確認される方が良いでしょう。

その他の項目

「ユーザーの地域は?」については、最初に世界地図が開きます。
これは、日本でサービスを展開している場合は、見ずらいです。「ホーム」で見るよりは、「ユーザー」→「地域」→「地域」で詳細を確認する方が使えます。

「ユーザーが訪れているページは?」についても、「行動」→「サイトコンテンツ」で詳細を見た方が良いでしょう。

これは「ホーム」で確認するというよりは、目次代わりにクリックして、詳細レポートを見るようにするよ良いでしょう。

まとめ

Googleアナリティクスに新しく加わった項目「ホーム」について簡単に説明しました。
基本的には、重要なレポート(とGoogleが考えるレポート)を一覧表示した画面です。
詳細な分析には向いていませんが、時間が無い時に、ザックリと全体を見るのには向いているでしょう。
1ページで、ザックリ確認できるのは便利かと思います。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!