CRM

顧客・業務管理システムサービス内容_-_Google_スライド

CRMシステムで実現できること

機能項目について

1. 登録データ分類

登録客データを見込み客・連絡先として分類します。見込み客は今後顧客になりえる個人・企業、連絡先はすでに契約・取引実績ありの個人・企業と定義されます。この分類を元に状況にあった営業展開を効率的に行うことが可能となります。

2. 個人データ

氏名・連絡先・住所・会社情報などのパーソナル情報に加え対象となるサービス属性、SNS情報やオンラインIMツールのアカウント名などを登録可能。

3. 商談管理

進行中の商談をカードスタイルで一覧確認可能です。
各スタッフが受け持っているタスクをカードスタイルで確認。フィルタリングも可能ですので必要に応じた内容を表示させることができ、全員の行動を把握することが可能になります。

4. タスク管理

各スタッフが受け持っているタスクをカードスタイルで確認。
フィルタリングも可能ですので必要に応じた内容を表示させることができ、全員の行動を把握することが可能になります。

5. 分析(アナリティクス)

登録された見込み客・連絡先・取引先・商談・活動履歴などを元に現在までの顧客獲得率や売上・マーケティング指数など知りたい情報の統計をとり把握することが可能です。

6. レポート

条件を指定することにより、条件に合致したレポートを作成することができます。柔軟な条件付により指定期間の新規見込み客の一覧や対応内容、商談内容、イベントへの参加者数の把握など様々なレポートを確認することが可能となります。

7. キャンペーン

新たなプロモーションやイベント展開、集客手段やセミナーの案内などをキャンペーンとして設定し、条件に合致する見込み客・顧客への営業展開をすることが可能となります。キャンペーン対象の顧客は各キャンペーンに紐付けされ一覧で確認することができ、キャンペーン毎に管理することによりロスなく効果的な見込み客・顧客にプロモーションを展開することが可能となります。

【よくある課題】

・顧客情報を一括で管理できていない
・顧客ニーズの予測が立た図、顧客離れを防げない
・顧客との関係性を構築・強化できない

【解決できること】

・顧客情報を可視化し一元管理できる
・顧客ニーズを予測し、顧客離れを予防することが可能
・顧客との関係性強化