15〜16年前にはじめて訪れた中国は発展途上でしたが、エネルギーに満ち溢れており、いつかそんなエネルギーを感じる場所で仕事がしたいと思っていました。
今や中国は、GDPが日本の3倍とも言われる経済力。
中国でビジネスをする日本人の方々と会食をする中で、中国経済・中国ビジネス・中国進出の捉え方は人それぞれでした。
同じ数字を見ていても、人によって、チャンスがあると捉えたり、チャンスはないと捉えたりしていました。
まさに「事実はない。解釈があるだけ。」というニーチェの言葉を痛感する上海出張でした!

中国は日本と違い、ガラケー、PC、スマホという進化ではなく、いきなりスマホの文化です。
ECサイトで求められるのは、スマホで使いやすい、スマホで見やすいということが最優先。
支払いは現金ではなく、スマホで決済がすぐに可能になっています。

経営者の仕事はビジョンを描き明確にし会社の未来を創り出すこと。
その会社で働くメンバーの仕事は、そのビジョンの実現に向けて目の前の仕事を全力でやること。
日本国内だけで会社の未来を描くのではなく、世界を視野に未来を描いてみると格段にワクワクします。

「世界を視野に働いてみたい」「働きながら語学を身に付けたい」方に、INFACTでは”TOEIC他言語手当”という制度があります。
学ぶことが賞与になり、グローバルに仕事ができる。
是非ご興味ある方は、インファクトにエントリーくださいね!

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

最近書いた記事

関連の記事

backtotop backtotop