おはようございます、広報のコンノです♪
先日、社員研修でベトナム・ダナンへ行ってきました。
ダナンは日本でいう沖縄のような都市で、シーフードが美味しく、空港からビーチまで車で15分というアクセスが便利なリゾート地でした。
ベトナム・ハノイOfficeのスタッフと日本スタッフが一同に会し、貴重な時間を過ごしました。

メインイベントとなる、「企業のメディア化®」チーム別発表、「私の夢」、上半期MVP、代表から今後のINFACTグループの方向性の話など、タイムスケジュールがキチキチのカチカチで内容がてんこ盛りの中から、本日は「企業のメディア化®」チーム別発表、「私の夢」の紹介致します。

「企業のメディア化®」チーム別発表

イベントの進行役は松尾さんが務めてくれました。
事前の打ち合わせで「私に1分時間をください」と何やら計画を立てていたようなのですが、イベントのオープニングの松尾さんの挨拶で一同ビックリ!!
なんと、英語で挨拶を行ってくれたのです(^^)
INFACTは「Global Native Company グローバルが当たり前の会社を目指して」いるので、英語が当たり前になるようにという思いを込めて考えてきてくれました。

「企業のメディア化®」チーム別発表は4チームに分かれて。それぞれのチームが、研修までに実践してきた対策と成果の報告、そして今後の対応を発表しました。

  • 「企業のメディア化®」チーム別発表 ECチーム
  • 「企業のメディア化®」チーム別発表 「企業のメディア化®」チーム
  • 「企業のメディア化®」チーム別発表 ベトナムチーム
  • 「企業のメディア化®」チーム別発表 BLOGチーム

代表者が1人で発表する中、BLOGチームは発表する項目によって発表者が変わるのが印象的でした。

BLOGチーム:持田さん

BLOGチーム:名畑さん

BLOGチーム:波塚さん

BLOGチーム:望月さん

「私の夢」発表

発表順をあみだくじで決定し、日本、ベトナムのスタッフがランダムに「私の夢」を3分間の持ち時間で発表しました。
全員に伝わるように、発表スライドに翻訳を入れる対応をしておきました。
全員の発表後に、一番応援したい人に投票し、1〜3位を選びます。

日本人は日本語、ベトナム人はベトナム語で発表していましたが、唯一ベトナム人エンジニアのカンさんは英語で発表してくれました。

英語で一生懸命発表している姿にみんな感動していました。

「企業のメディア化®」チーム別 最優秀賞

「BLOGチーム」が最優秀賞に輝きました!
選考理由は、どう改善していきたいかが明確で今までコツコツやってきたことが評価に値するとのことでした。
「BLOGチーム」は、毎週のようにチームで改善のためにミーティングを行い、ブログの書き方に関しての記事をたくさん投稿していました。

日々の努力が実を結ぶ結果になってとても良かったと思います!

「私の夢」1位〜3位発表

みんなの投票によって選ばれた上位3名は接戦とのことでした!
誰が1位に輝くのかドキドキの発表となりました。

3位はベトナムエンジニアのフンさん!

10年後、自分がどうありたいかを発表。
開発チームの責任者、様々なプロジェクトに力を注ぎ、顧客を満足させるサービスを提供したい。
そして、仕事だけでなく自分の人生を楽しむために運動もしていきたいなど!
海外でも仕事をしていきたいと、たくさんの夢を短い制限時間の中で語ってくれました。

2位はベトナムエンジニアのカンさん!

英語での発表が多くの人の心に響きました!!
小さい頃は、世界を助けられるようなスーパーマンになりたかったけど、実際にはなれなかった…
けれど、娘さんが生まれたことで世界が変わった。娘さんにとって自分はスーパーマンだと。良き父になるために、自分も成長し、家族に責任を持って頑張っていくという家族への愛が詰まった発表でした。

1位は……京都Officeの山井くん!!!!

メジャーな京都ではなく、マイナーな京都を発信していきたい。
京都府の寺社の総数は「4838」もあるのに、実際に観光客が訪れる寺社は1割にもみたないと。人が訪れないと、老朽化や自然災害などで破損した寺社は修繕できず、数百年以上も受け継がれてきた文化や歴史が途絶えてしまう。
Instagramで京都の魅力を毎日投稿することで、1人でも多くの観光客がマイナーな寺社へ訪れてくれるようにという思い溢れる発表でした。

1位〜3位の人には、夢の軍資金として賞金も出ました!
日本人、ベトナム人関係なく日本円で賞金が出たので、ベトナムスタッフはとても嬉しそうでした!

みんなの夢を聞けたことで、どんな思いで仕事をし生活しているのか理解できる貴重な機会となりました。
INFACT社員が活用している「3KM手帳」にあるように、自分の目標を周囲に伝えることで応援してくれる人、協力してくれる人が出てくるからです。
夢を知ることで、その夢が実現できるようにみんながサポートしやすくなる。
恥ずかしいからと、自分の中だけで夢を大切にしまいこんでいると、逆にその夢を実現させるチャンスが遠のいたりしてしまいます。
INFATグループでは、社員みんなの夢が一日でも早く叶うように一番に応援してくれる代表とスタッフがいます。
今回のイベントでの発表は、お互いを理解し、応援しやすい雰囲気がつくれる良いキッカケになりました。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

最近書いた記事

関連の記事

backtotop backtotop