働き方改革に、スムーズな勤怠システムを

「働き方改革」をスムーズにする
クラウド勤怠システムです

出勤状態・有給の見える化。残業時間を自動計算。休暇の管理・日数を注意喚起。年次有給休暇管理の保管・出力。

「働き方改革」
関連法に対応!

5日間の有給取得義務化

※10日以上有給がある人が対象。雇用者は、年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に取得時期を指定して5日間の年次有給休暇を取得させなければならない。

時間外労働原則月45時間の上限規制

※時間外労働(休日労働は含まず)の上限は、原則として月45時間、年360時間となり、臨時的な特別の事情がなければ、これを超えることはできなくなる。早出残業もカウントの対象となる。

労働時間の適正な把握の義務化

年次有給休暇管理簿が必須、3年間の保存が義務化。打刻漏れや申告漏れが上記規定に影響し、後々の管理が複雑化する。

何が違う?

Smooth勤怠を導入するメリット

勤怠情報・有給取得状況の「見える化」で社員の意識改革を実現。
「働き方改革」関連法への対応で、業務効率の向上を徹底化。

タイムカードで打刻されたものを集計からWEBで打刻を行うに変わると打刻を「自動」で集計。タイムカードで打刻されたものを集計。WEBで打刻を行うに変わると打刻を「自動」で集計。

機能一覧

Smooth勤怠でできること

Smooth(スムース)勤怠の勤怠管理

Smooth(スムース)勤怠のアラート機能

Smooth(スムース)勤怠の休暇管理

Smooth(スムース)勤怠の集計・出力

Smooth(スムース)勤怠の申請・承認

Smooth(スムース)勤怠のスマホ管理画面

Smooth(スムース)勤怠のGPS機能

Smooth(スムース)勤怠の統計・可視化

Smooth(スムース)勤怠と他サービスの比較

他社サービスとの比較

Smooth勤怠は「働き方改革」新法対策や他サービスとの連携など、全項目において対応しています。

導入までの流れ

Smooth(スムース)勤怠導入の流れSmooth(スムース)勤怠導入の流れ

料金表

Smooth(スムース)勤怠導入の月額利用額Smooth(スムース)勤怠導入の月額利用額

Smooth勤怠 メディア掲載実績

Fuji Sankei Business i.

2019.9.30
働き方改革関連法に対応した、Smooth勤怠が取り上げられました!

りそな総合研究所「りそなーれ」

2020.1.1
りそな総合研究所、月刊情報誌「りそなーれ」2020年1月号に
smooth勤怠が掲載されました。

企業勤怠管理お役立ち情報