リスティング広告の効果的なキャッチコピー(広告文)の作り方

20160205B

お久しぶりです。広告管理の廣田です。

今日は、リスティング広告の広告文の作り方についてです。広告文を作るとき、どんな事に気をつけていますか?ついついクリックしたくさせるインパクト派か、商品内容をきっちり説明する詰込み派ですか・・・?広告文はターゲットがクリックしたくなるようなキャッチコピー的なものにするべきですし、同時に「無駄クリック」を避けるために商品内容はポイントをしっかり伝えるべきです。ついついどちらかに偏りがちになりますので、ポイントをまとめてみました。

広告文作成のポイント

①見られなければ意味がない!
【目を引く→興味を持ってもらう】
・ポジティブなフレーズは必ず入れる。特に「○○%オフ」「送料無料」「プレゼント付」「割引」「口コミ」「リピート率」「人気NO1」「○○限定」などです。低価格よりも、質の良さなどが売りというような場合は、「高品質」「最上級」「こだわりの」など。その中で、訴求ポイントを絞り、読みやすい端的な文にします。
・他社との比較も重要です。必ずチェックして、「より魅力的な」広告にするにはどうしたら良いか考えます。例えば、他社が「20%オフ」をうたっているのに、ポジティブフレーズが「10%オフ」だけでは魅力に欠けますよね。
・キーワードを広告文に入れておく。そのキーワードで検索されたときに太字で表示されます。ユーザーの検索語句とマッチした登録キーワードを広告文に自動的に挿入する機能もあります(参考ブログ:「リスティング広告のキーワード挿入機能について」)これも、視覚的に目を引くので、出来る限り取り入れましょう。

②無駄クリックは避けよう
【ユーザーのニーズに合っているか確認してもらう】
・サービスの地域が限定されている場合は、エリア配信をしている場合でも、地名を入れます。
・単一商品ならその価格、複数の商品がある場合は価格帯などを入れる。

③コンバージョンを上げよう
【行動(購買など)に移してもらう】
・LP(ランディングページ)と合っているかどうかが大きなポイントです。実際に広告文を読んだ気持ちになってLPを見てみて下さい。「がっかり感」「(悪い意味での)意外性」はありませんか?いい広告文を作ろう!と思いすぎると、実際の商品イメージから離れていってしまう事があります。広告文とLPはよく見比べて下さい。

その他

・広告文の審査
作成した広告文に偽りや過大表現がないか、LPと連動しているかなど、しっかり確認されます。何より、誇大広告などは、ユーザーに「がっかり感」を与え、コンバージョン率を下げるだけですので絶対に止めましょう。
・複数の広告をテストする
よく考えて作成した広告も、本当に良い広告かは、掲載してみなければ分かりません。広告の登録時には、表現方法を変えた広告を複数つくり、同時に出稿してどちらのクリック率が高いか、コンバージョンが多いか、などを調べる「広告テスト」を行います。

まとめ

広告文は「商品の魅力を、他社よりも効果的に完結に説明する」、、、。これだけなんですが、難しいですよね。商品・サービスによっては季節やトレンド、競合他社の状況によって結果が変わってくると思います。広告文には「これが正解!」というものがないので、定期的な見直し、検証をしながら、より良い広告を探っていきましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
廣田 くみ子

廣田 くみ子

広告運用管理株式会社インファクト
化粧品販売店の美容部員を6年半。
その後5年間、広告代理店で広告媒体の営業&管理運用を担当。
現在は主にWEB広告の管理運用に関わる。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!