お店の名前をブログに紹介するだけでも許可が必要?

こんばんは!
京都Officeの山井です。

年の瀬が近づいてきて、忘年会やイベントなどで飲食店に行かれる機会が多いのではないでしょうか?
美味しいお店などに行くとブログやSNSで紹介したくなります。

その中で「お店をブログやSNSで紹介したい場合にお店の許可は必要?」と疑問に思われた方がおられるのではないでしょうか?
そこで、今回はお店の名前をブログに載せるだけでも許可が必要なのか?ご紹介します!

お店をブログやSNSで紹介する場合の許可

お店の名前をブログやSNSで紹介をしたい場合、掲載許可が必要なのか?が気になりますよね。
結論からお伝えすると「掲載許可はしなくてもいい」です。

例えば、お店の名前をブログなどで紹介する場合は写真はなく、文章での紹介になるかと思いますので特に掲載許可はいりません。
もちろん、誹謗中傷などをブログ記事で紹介するのは道徳的に良くはありませんのでしてはいけません。

美味しいお店に行き「他の人にも食べてもらいたい」という思いであればお店の名前を掲載して紹介しても大丈夫です。

お店をブログで紹介しているのでお店にとってもプラスな情報となり、お店の宣伝にも繋がるため基本的には許可は要りません。

ただし、お店に許可を取る事でお店側とプラスのコミュニケーションが生まれ、関係性ができて書いている「ブログ」を知ってもらえる機会となります。

そこから、ブログが広がったり営業に活かせたりする可能性もありますので、コミュニケーションとしてお店側に許可を取られるのは望ましいかと思います。

お店をブログやSNS紹介する場合の注意点

お店をブログなどで紹介する場合の注意点として、お店にある商品や美術品などの著作権が発生するものを撮影してブログで紹介する場合は「撮影・掲載許可」が必要です。

著作権が発生していますので、無断で写真撮影を行い、ブログなどで掲載すると問題に発展する可能性があります。

また、著作権が発生する商品などがなくても、店内にいるお客様の顔がわかる写真も無断で撮影や掲載をしない方がいいです。
関係性のないお客様の顔が写真に写っていると、プライバシーや肖像権に抵触する怖れがあるためです。

昨今、プライバシーなどの個人情報についての規制や見方が厳しくなっているのでこちらも注意して損はありません。

そのため、お客様がの顔が写らないように工夫をして写真撮影を行うか、顔にモザイクなどのぼかしを入れて個人が特定されない配慮を行いましょう。

最後に、稀ですがお店によっては「会員制」であったり常連さんを大切にされてネットでお店を紹介されるのを嫌うお店もあります。

稀ではありますが、そういったお店の意向や思いも考え、ブログなどにお店を紹介される際はコミニュケーションを取ってブログに掲載していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お店の名前をブログやSNSで紹介するだけであれば特別な許可は必要ありませんが、お店とコミニュケーションを取って掲載する方がオススメです。
そこから生まれる関係性も今後のブログに活かせる事もあるので、積極的にお店の方とコミニュケーションを取って紹介していきましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山井海人

山井海人

INFACT 京都office 株式会社インファクト
京都生まれの株式会社インファクトのディレクターです。
京都を代表する観光地の嵐山に近い右京区で育ちました。
過去に広告会社で営業を経験し、ヘルス業界を中心にホームページやポータルサイトを介した集客のお手伝いをしていました。そこで、WEBマーケティングの有無や良し悪しで集客に大きく影響を受ける事を学びました。その経験を活かし、インファクトではお客様の課題に沿った最適なWEBサービスをお届けできるよう努めています。
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!