YouTube動画内にリンクを貼る方法|アノテーション設定方法

20150303b

おはようございます、名畑です。

今回はYouTubeで動画内にリンクを貼る方法と設定です。
YouTube同士のリンクなら設定は何もしなくてもできますが、外部のリンクを貼る際は設定が必要になるのでご覧ください。

※このブログ記事は、2015年3月3日に公開したものに、2016年9月16日に項目を1つ(リンクの貼付け(カード))を追加いたしました。
※さらに2018年4月3日外部にリンクを貼付けしたい場合の内容の修正と、リンクの貼付けを終了画面のアノテーションに変更いたしました。

 

目次

  • 外部にリンクを貼付けしたい場合
  • リンクの貼付け(終了画面とアノテーション)
  • リンクの貼付け(カード)
  • おわりに

外部にリンクを貼付けしたい場合

関連付けられているウェブサイトを登録
YouTube以外のリンクを動画内に貼付けしたい場合に設定します。

まずはYouTubeのアカウントが確認してある状態でないと設定ができません。
アカウントの確認に関してはこちらのブログをご覧ください。

YouTubeアカウントの確認方法
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/sns-webmarketing/12254/

収益の受け取りを有効にする

2017年の8月以降仕様の変更があり、収益化を行なわないと外部へのリンクが貼れないようになりました。
収益化を有効にするといっても動画の前に広告を有効にし1,000円以上にならないと支払われないので、広告を出したくない、といった場合でも問題なく登録はできます。

クリエイタールーツのチャンネル>ステータスと機能をクリックします。
収益受け取りを「有効にする」をクリックします。

するとこの画面が出てきます。
収益が有効化するまで4ステップが必要です。
まずは①のYouTubeパートナープログラムに同意しましょう。

開始をクリックするとこの画面が表示されるので、内容を読み「同意する」をクリックします。

同意したら①は完了です。

次に②AdSenseに申し込みをします。

開始をクリックするとどのAdsenseアカウントと紐付けをするか聞かれますので「次へ」をクリックして、既にAdsenseアカウントを持っている場合はそのアカウントでログイン、持っていない場合は作成するアカウントでログインをします。

新規で申し込みする場合、申し込み画面が表示されるので、必要な項目を入力して申し込みを行ないます。

その後、申し込み済の方も「関連付けを承認」でAdSenseとYouTubeのリンクを関連付けます。

関連付けする際には住所が登録されていないと承認できないので、住所を登録しましょう。(収益をもらう際に使用します)
承認には数時間かかる場合があります。

AdSenseと関連付けが完了したら収益化を「開始」で設定が完了です。
またこの項目すべてを完了するには

  • 過去12ヶ月の総再生数が4,000時間以上
  • チャンネル登録数が1,000人以上

どちらかを満たしているか確認されます。
上記が満たされている場合④の審査はスキップされますが、されていない場合YouTubeからの審査が必要となりますのでご注意ください。

関連付けサイトの登録

外部アノテーションが貼付けできるか確認します。

 

クリエイターツールのチャンネル>ステータスと機能で外部アノテーションが有効化されているかか確認します。
有効になっていない場合有効にしましょう。

有効になっているのを確認後、クリエイターツールからチャンネル>詳細設定をクリックします。

 

20150303b001

アカウントが確認されていると関連付けられているウェブサイトという欄が出てくるので、URLを貼付けて利用規約に同意して設定します。

 

20150303b002

リンクするサイトにはGoogleのウェブマスターツールの設定が必要です。
ちなみにINFACTで作成したホームページは基本ウェブマスターツールの設定をしております!
分からない!という方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

設定の注意点

外部リンクが設定できるのは1つのURLのみです。

例えば http://www.infact1.co.jp/ を登録したら
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/ は登録できますが http://recruit.infact1.co.jp/ は登録できません。
登録したURLが先頭に入っているURLでないとリンク設定ができないので注意してください。

 

リンクの貼付け(終了画面とアノテーション)

アノテーションはこれまで好きな箇所にリンクを貼ることができましたが、終了前の約20秒間設定できるリンクです。
1つの動画内に4つまで設定ができます。
注意しなければならないのは、外部リンクだけ設定しても保存ができません。
必ず4つの内1つは「動画または再生リスト」から設定するようにしましょう。
クリエイターツールの動画の管理から動画を選択します。

 

20150303b004

クリエイターツールの動画の管理から動画を選択します。
編集したい動画の下のプルダウンメニューから終了画面とアノテーションをクリックします。

 

編集したい動画の下のプルダウンメニューからアノテーションをクリックします。

するとこの編集画面に移ります。

既存のアノテーションのメニューはありますが、動画にアノテーションを使用していた場合削除するためのメニューになります。
新規追加・編集はできません。
新しい終了画面の機能とこれまでのアノテーションの機能は同時に使用できないので注意してください。

リンクを追加したい箇所にカーソルを合わせて「要素を追加」をクリックすると追加できる項目が表示されます。

 

 

 

リンクを貼付けられる主なものを紹介します。
動画または再生リスト
YouTube内の動画のURL又は再生リストへ誘導することができます。
チャンネル登録
自分のチャンネル登録へ促すリンクボタンを設定できます。
チャンネル
他のチャンネルページのリンクを貼ることができます。
リンク
関連付けられているウェブサイト又はYouTubeが承認している販売サイトやクラウドファンディングサイトへリンクを誘導できます。

動画または再生リスト

この3種類から好きなものを選択できます。
最新のアップロード
最新のアップロードを自動で表示されます。
視聴者に適したコンテンツ
自分の動画内からYouTubeが判断した関連の動画が表示されます。
動画または再生リストを選択
好きな動画を選択して表示させることができます。

最新のアップロードや視聴者に適したコンテンツを選択すると黒い画面が出てきます。
再生の際に自動で表示されるので、表示させる位置だけ調節します。
位置は上下の端は表示されないので、もし動画で貼付け位置に装飾をする場合は外側になりすぎないようにしましょう。

チャンネル登録

チャンネル登録のボタンを設定するとこのように丸形のアイコンが画面に表示されます。
動画内だとクリックすることでチャンネル登録ができるボタンになります。

リンク

関連サイトへのリンクを飛ばしたい場合はここから設定をします。
リンクのURL内に飛ばしたい先のURLを入力し「次へ」をクリックします。

読み込みされた後、リンクの設定画面が表示されます。
設定する箇所は行動を促すフレーズと必要に応じて画像を変更します。

行動を促すフレーズ
どんなサイトなのか、リンクをさせたい理由を明確にしましょう。
行動を選べるのは、詳細、アクセス、登録、購入、ダウンロード、注文の中から選びます。
選ぶと下の画像のようにフレーズが表示されるようになります。

画像
推奨サイズは300×300です。そのサイズ以上でも以下でもアラートが出るので、サイト内から画像を選ぶこともできますがエラーメッセージが表示されてしまうので、300×300の正方形の画像を準備することをオススメします。

動画内でちゃんとリンクされているか確認するのも忘れずにしましょう!

リンクの貼付け(カード)

カードという機能でも動画内にリンクを貼付けることができます。
アノテーションと異なる点は、カードはスマホのブラウザにも対応しています。

編集したい動画から逆三角形をクリックして、カードをクリックします。

20160916a01

カードの編集画面になりますので、リンクさせたい箇所に再生位置をもってきたら、「カードを追加」をクリックします。

20160916a02

カードの種類がいくつか出てくるのでリンクの「作成」をクリックします。

20160916a03

動画内でリンクさせたいURLを設定します。
リンクが出来るのは自分の関連ウェブサイト、販売サイト、クラウドファンディングサイトです。
自分の関連ウェブサイトはURLをクリックすることで、コピーペーストしなくてもURLに貼付けすることができます。

自分の関連ウェブサイト
この記事の一番最初に説明した、関連のウェブサイトを登録すると動画内に貼付けすることができます。
ドメイントップを指定しておけば、ドメイン配下も(例えばhttps://www.infact1.co.jp/staff_blog/なども)設定することができます。
販売サイト
Googleが承認しているネットショップサイトです。
BASE、LINEストア、mu-moショップ等
クラウドファンディングサイト
Googleが承認しているクラウドファンディングサイトです。
Makuake、READY FOR等

販売サイト、クラウドファンディングサイトについてはこちらのリンクでご確認ください。
https://support.google.com/youtube/answer/6083754?hl=ja

リンク先を設定したら「次へ」をクリックします。

20160916a04

テキストをそれぞれ設定していきます。

カードのタイトル
リンクのタイトルです。
行動を促すフレーズ
カードを開くと表示されるテキストになります。
ティーザーのテキスト
設定した時間に画面上部に表示されるテキストになります。

20160916a05

保存は自動でされるので、設定が完了したら戻るボタンをクリックします。

設定が完了した動画を見てみましょう。

20160916a07

設定した時間に動画上部にティーザーのテキストで設定されたテキストが表示されます。

20160916a06

カードの詳細を開くとこのように表示されます。

今では動画はスマホから見る人が多くなってきています。
アノテーションより自由にカスタマイズできるものは少ないですが、確実にリンクを繋げたいという方はカードを使った方がいいでしょう。

おわりに

長くなってしまいましたが、一度触ってみるとカンタンに設定できます。
これを設定しておくと自社サイトに呼び込みやすくなりますし、動画の場合も他の動画をオススメすることができます。
また、外部のリンクを貼りたい方は説明文内に記入しなければ誘導できませんのでご注意ください。

アノテーションはPCとアプリのみ、カードはパソコンとスマホもどちらも表示されます。
最近はYouTubeアプリを使って動画を見る人が多くなってきているので終了画面とアノテーションをうまく使うのがオススメです。

カードではアンケートをとることもできますので、気になる方はこちらのブログもご覧くださいませ!
YouTubeでカードを使って動画内でアンケートをとる方法
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/26835/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
名畑かなえ
株式会社インファクトのディレクターです。
フロントエンジニアだった知識を活かしてお客様のためになるような情報発信、制作を行なっております。また日本だけでなくベトナムスタッフとも連携して業務をとりまとめております。
好きなことは、自分で1から考えるものづくり。本の装丁が気になったり布ものやお菓子を自分でデザインして注文するのが好きです。
やっぱりはちみつなしでは生きてゆけない。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!