アジアは熱い!ベトナム、ハノイ

vn_i

インファクトの加藤です。
写真にコンさんが入っていない!

今、インファクトのベトナム拠点ハノイに来ています。
8月、ベトナムスタッフは日本での研修を終え、本格的にベトナム、ハノイで業務をスタートしています。

日本での研修を終え2週間、私たちもあっという間で、ベトナムスタッフ達もあっという間だったようです。
8月の出来事が数月前の出来事に感じますが、ちょっと前の出来事なんですね。
不思議です。
さて今回、代表と私がベトナム、ハノイに来たのは色々な目的があります。
今回の記事では…

目次

  • 日本から離れたことで今どんなことを感じているか
  • 1年後どんなことを行っていきたいか
  • 今のアジア諸国は今後どの様なことになっていくのか

3に関しては大人の事情で様々なことがあって、先が読めないですが、色々な方にあってとても楽しかったです。

とにかく、アジアって熱いですね。笑

日本から離れたことで今どんなこと感じているのか?

vn02

ベトナムスタッフ、チャン、コン、ロンさん達は今、ベトナムと日本とで離れて仕事をしています。
仕事の受け渡しやタスクの管理は様々なツールを駆使して実行をしています。

Googleハングアウトで、ほぼ毎日ミーティングをしていますが、彼女や彼ら達は実際にどの様に感じているのか、仕事をお願いしている私自身がとても気にしていることでした。

一つの仕事だけでなく、複数の仕事(マルチタスク)をこなさなくてはならないので、仕事の時間配分について話をしました。

なぜ、マルチタスクで実行しなくてはならないのか、ちゃんと話をすれば伝わったので、これからもガンガン仕事をしてくれると感じたので良かったです。

ベトナムは女性が強い国のようで、チームの通訳でもあり、マネジメントをしている、チャンが時には叱ったりしていて日本研修では見れなかった光景が見れて安心しました。

ベトナムでは女性がトップだとマネジメントを安心して任せられるかもしれません。

1年後どのようなことを行っていきたいか

vn01

ベトナムスタッフ達が1年後どのような事を行っていきたいか、質問をしました。

この質問をした理由は、私達の仕事とベトナムスタッフ達が思い描いている、「やりたいこと」がズレていたら、「あまり幸せな気持ちにならないだろうな」という理由からです。

日本とは別で、やはりお国柄なのか、皆、ハッキリと1年後やりたいことを話してくれました。

日本人だと隠そうとすることをハッキリと言ってくれたので、これも良いところですね。
皆、共通して「日本語と英語の勉強」と課題を上げてくれたのですが、これは私達も一緒ですね。
やっぱり直接伝えたい事もあるんですよね。

今のアジア諸国は今後どのようなことになっていくのか?

vn03

バイクの交通量の凄さを伝えたかったのですが、写真って難しいですね。笑
想像以上でビックリしました。皆、交通ルールを無視しまくりで、クラクション鳴りまくりで、よく事故が起こらないなといった感じです。
逆走している人も普通にいたりと、とにかく凄いです。

アジア諸国が中国、タイ、ベトナムとどんどん発展してきています。
ベトナムもこの数年で物価も上がり、所得も増えているそうです。

今、バイクだらけの道路も数年後は皆、車に乗るようになっているかもしれません。
渋滞問題はかなり深刻な感じがしますが…

人件費削減の為に、アジア諸国で人財の確保している企業は多くあるかと思いますが、「このぐらいの費用まで」というボーダーラインがあるはずです。
このラインがドンドン上がっていって、「もう無理だ!」というのが、思っている以上の早さで来るかもしれません。

そしたら、「今度は別の国で採用しよう」となるかもしれませんが、一体世の中がどの様な動きになるのか、わかりません。

インファクトとしては、今のベトナムスタッフがこのまま居てくれればとても嬉しいですね。

まとめ

本当に色々書きたいことがあるのですが、今回はここまでです。
今回の記事はとにかく、インファクトのメンバーに「ベトナムスタッフ達はとても元気だよ」と伝えられればオッケーかなと思います。
次回もベトナム記事を書きます。ではでは。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
加藤 拓

加藤 拓

企業のメディア化アドバイザー株式会社インファクト
「WEB集客&企業のメディア化アドバイザー」の加藤です。
ホームページからの集客でお困りの方や売上アップのお手伝いをするためにアドバイザーとして「企業のメディア化」の立ち上げをサポートしています。
元々WEB制作スタッフとして仕事をしていたのでHPの構造も知っていますので、コアな部分を踏まえてお手伝いさせて頂きます。これからもお客様のお役に立てるような情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!