ホームページは役に立たない!?WEB集客で失敗しない方法

20171016B
こんにちは。WEB集客メディア化アドバイザーの持田です。

先日は1泊2日の出張に行ってきました。ご当地のグルメを堪能して仕事だけでなくオフタイムも楽しんで取り組むことができました。

それでは今回は「WEB集客」についてお話ししたいと思います。

目次

  • ホームページは役に立たない!?
  • WEB集客の流入経路とは
  • 最適なタイミングでユーザーの前にいる方法
  • WEB集客で失敗しない方法とは
  • まとめ

ホームページは役に立たない!?

WEB集客と言うと、ホームページを使った集客と思いますよね。

しかし、ホームページでは集客はうまくいきません。

それには理由があります。

その理由とは、ホームページを集客に使う場合、そのホームページをお客様が既に知っている、あるいはホームページを作った会社やその会社が扱っている商品サービスを知っているという前提が必要です。

しかしながら、多くの会社は既に知っている既存客を想定しているのではなく、まだ取引のない新規のお客様を想定している場合がほとんどです。

結果としてホームページは集客では使えない、あるいは使っていても効果が薄いと言うことになるんです。

ではどうしたらホームページを集客で使うための効果的なWEB集客を行うことができるのでしょうか。

WEB集客の流入経路とは

WEB集客にはさまざまな流入経路があります。流入経路というのは、自分たちのホームページに来てもらうための入り口のことです。

具体的には、TVCMやラジオCMのような「詳しくはWEBで」というようなものから新聞、雑誌、チラシ広告、それからWEB上の広告などが代表的です。しかし、これらは有料で作る入り口になります。

一方、無料の入り口というのもあります。それがブログやソーシャルメディアと呼ばれるツールです。ブログに関して言えば、若干の費用が発生しますが、基本的に情報を発信する上での費用というのはかかりません。またソーシャルメディアについてもアカウント開設から実際の情報発信にお金はかかりません。

こうした入り口がたくさんあるほうが来てもらいやすいですよね。

またいつでもどこでもユーザーの方が思い立った時に自分たちの入り口が表示されていたいですよね。
こうしたある意味ワガママな要望を叶えてくれる流入経路があります。

それは何だと思いますか。

最適なタイミングでユーザーの前にいる方法

WEB集客には、ユーザーが必要とするタイミングで目の前にいることが可能です。

そしてそれを唯一実現するのは、今のところ「ブログ」が最適です。

なぜなら、他の方法はいくつかの理由で継続したり、効果の面で期待できないからです。

例えばTVCMやラジオCMのような「詳しくはWEB」や新聞や雑誌のようにURLやQRコードといった情報を表示させることですぐに検索してもらう方法があります。

しかし、そうした情報をユーザーの前に表示させておくためには、常に広告を発信し続ける必要があります。

そのような方法は実践できるでしょうか。

おそらくどれほど儲かっている会社でも広告費がいくらあっても足りないなんてことになるのではないでしょうか。一時的に告知するには向いてはいても、長期に渡ってしかも一日中告知することは難しい方法なんです。

つまり有料の広告というのは、一時的に使って告知するには有効でも継続して使うことは難しい方法になります。

それではブログと並んで無料で情報発信をできるソーシャルメディアはどうでしょうか。

ソーシャルメディアで情報発信ができるといえば、TwitterやFacebookが中心になるかと思います。最近ではInstagramなどもありますが…。

ソーシャルメディアの特徴として情報を拡散するというのがあります。情報を拡散する上では、他のメディアよりも優れていますので、一見するとWEB集客に役に立つのではと思うかもしれません。

しかし、ソーシャルメディアの場合はタイムラインで情報が流れていきますよね。自分の情報もそうですが、人からの情報なども流れてきてすぐに発信した情報が埋もれていきます。

これは相手のタイムラインでも同じことが起きているということでもあります。

結局どんなにいい情報を発信しても、そのタイミングで相手に届かなければ広告と一緒で埋もれて見られることなく、情報が流れていってしまいます。

しかも、ソーシャルメディアの投稿は通常の検索では探せません。

つまり情報を後から見返したり探すのが難しいツールなんです。

今、ソーシャルメディアを使っていて、なおかつ自分とつながっている人を中心に情報を発信しなければおそらくほとんど見られない情報になります。ちなみに多くの企業が拡散を目的に情報を発信していますが、拡散するにはよほど珍しいか感動するか役に立つかといった特徴がない限り拡散はされません。

こうしたことから無料で情報発信をでき、情報が常に検索される状態でいつでもユーザーの意思で見ることができるメディアという特性を持っているのがブログということになります。

ではこのブログを活用してどのようにWEB集客をしたらよいのでしょうか。

WEB集客で失敗しない方法とは

WEB集客で失敗しない方法はブログで情報発信をしながら未来の顧客にアプローチを続けて自分たちを知ってもらうことです。

どうしたら知ってもらえるのか?

それはお客様が必要としている情報を発信することです。

ただ、やみくもに発信すればいいかというとそういうわけでもなく、自分たちのビジネスに関連あることで情報を発信していくことが最終的にはホームページへのアクセスを増やしていく結果につながっていくわけです。

どんな情報が役に立つのか、そしてその情報はどんな形でユーザーに届ければいいのかを考えて実践してみてください。

まとめ

WEB集客は仕組みを作って、ユーザーが実際に集まってくるまでに時間がかかります。

その時間をムダと考えるか、先行投資として考えるかで取り組み方は大きく変わります。

先行投資をしなければ未来のお客様は増えていきません。

WEB集客に取り組むのであれば、今の取り組みが未来の売上を作ると考えて取り組むと近い将来にその結果を手にすることができるかと思います。

もし、今のお客様ではなく未来のお客様を創ることを検討しているのであればWEB集客を考えてみてはいかがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
持田 修

持田 修

株式会社インファクトで、「企業のメディア化」アドバイザーとして、Web集客に取り組みたい企業さまのオウンドメディアの立ち上げやコンテンツマーケティングの導入をサポート、研修講師として実際のメディア化の立ち上げをお手伝いしています。「しっかりと作り上げたコンテンツは何年たっても色褪せることなく残り続ける会社の資産です。その資産が未来のお客様を創る種になる」ということを日々お伝えしています。1日も早くみなさんの会社の強みや魅力がお客様の元にお届けできるようお手伝いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!