リスティング広告のキーワード選定の仕方(初級編)

脳トレしてますか?脳年齢がわかるアプリで実年齢を10も下回り、嬉しい気分の廣田です。リスティング広告のキーワード選定は、とても良い脳トレです!それでは、まずは初級編から、、、


riskis

目次

①便利ツールは使える?使えない?
②とにかく考える!キーワード選定の基本
③「ビックキーワード」の考え方と対応
④「ニッチすぎるキーワード」の考え方と対応

便利ツールは使える?使えない?

キーワード作成をサポートしてくれるツールはありますが、一旦使ってしまうと固定観念ができてしまい、より良いキーワードが捻出しにくくなります。(私の考えですが)
また、サポートツールは過去の検索記録を元にしたアドバイスとなりますが、毎日検索されるワードの20%は過去に検索されたことがあるワードだというデータもありますので、いったんこのブログを参考にすべて出し切ってから、足りないものを探しにツールを使用する、のがおすすめです。

とにかく考える!キーワード選定の基本

とにかくすごく考える事が大事です。脳トレです。ユーザーの思考を想像しましょう!
□まずは自社の商品目線で
(例)商品のカテゴリー、商品名、商品番号、特徴、特典、産地、配合成分、サービスエリア、等々・・
□ユーザー目線で
(例)通販、激安、比較、人気、品揃え、送料無料、即日対応、等々・・・

1、上記の2つの目線でひたすらピックアップ。
2、できるだけ多くの人のピックアップリストを集める。顧客から話が聞ければ尚良い。
3、検索の軸となるメインキーワード(表のA)と、補佐的なサブキーワード(表のB)にわけ、掛け合わせる(表のC)
4、すべて出そろってから、そのキーワードを検索して流入したユーザーからCV(コンバージョン=成果:購入や申込みなど)は期待できるか?を再度考える。表の中だと「オールインワン化粧品 比較」。確かにオールインワン化粧品を探している人だけど、比較したい、おそらく比較サイトを探している人がその場でCVに至る可能性は低い。等。
5、メインキーワードと掛け合わせのキーワードが、今後運用するべきキーワード候補です!

貼り付けた画像_2014_07_11_0_24

いくつ出ましたか?
100?1000?
出揃ったキーワードから、次の「ビックキーワード」と「ニッチすぎるキーワード」を確認して、対応を考えておきましょう。

「ビックキーワード」の考え方と対応

まずはキーワードは入札式ということから確認です。一つのキーワードに競合他社が集中すれば、上位に掲載するための入札価格は跳ね上がり、1クリックにかかる費用(クリック単価)が1000円を超えてしまうこともあります。これがビッグキーワード。商品によっては、500円や600円でもビッグキーワードといえるでしょう。上の表でいうと、「化粧品 乾燥肌」は現在クリック単価が約577円です。この場合もビッグキーワードと言えます。

もちろんそれだけ魅力的なキーワードということでもありますが、潤沢な広告費を持っていない限り、ここに挑むのは非効率です。

○なぜ非効率?
ユーザーが広告をクリックし、購入や申込みなどの行動(コンバージョン)に至る率(コンバージョン率)が、5%だとします。これは広告としては良い数字ですが、クリック単価が1000円の場合、広告費を10万円かけて5人の顧客しか得ることが出来ないのです。自社の商品単価にもよりますが、とても見合わない結果です。

○どうすればビックキーワードとわかる?
Googleのアカウントを開設すると「キーワードプランナー」という見積もりツールを使用できます。これを使って、事前にどの程度のクリック単価になるか予測しておきましょう。

○対応
上位表示は難しくなりますが、入札単価は上限を設定できますので、商品価格や目標のコンバージョン率にあった単価で入札しましょう
また、キーワードの掛け合わせを増やしましょう。「化粧品 乾燥肌」がビッグキーワードなら、「化粧品 乾燥肌 オールインワン」などに。

「ニッチすぎるキーワード」の考え方と対応

ニッチキーワードはとても大切です。ニッチなだけに、コンバージョン(=成果:購入や申込みなど)数が少なくてもコンバージョン率が良く、効率の良いキーワードであることが多いです。ただ、ニッチ「過ぎる」と検索されず、広告が表示されないため、管理が面倒になるだけであまり意味がありません

○どうすればニッチ過ぎるキーワードとわかるか?
これは単純に、「どう考えても誰も検索しないだろうと思うキーワード」です。

○対応
このようなキーワードを登録しておくのは問題ありません。ただレポートをチェックする度に「表示回数0回」のキーワードがズラリ、、、というのも邪魔です。ニッチキーワードなのか、ニッチ過ぎるキーワードなのか、見極めて登録を控えることも大切です。

最後に、

「適性個数」と言えるものはありません。全体の予算の上限は決められますので、いくつ登録しても、最終金額は同じですし、足りなければ運用しながら増やしていけばいいです。日々の運用で必要不要を分けていき、入札価格の変更などで調整していくのです。

ここからが大変。
まずはキーワード、しっかり考えて一気に作ってしまいましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

廣田 くみ子

広告運用管理株式会社インファクト
化粧品販売店の美容部員を6年半。 その後5年間、広告代理店で広告媒体の営業&管理運用を担当。 現在は主にWEB広告の管理運用に関わる。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!