Zoomのバーチャル背景が要件を満たさず使用できないときの対処法

こんにちは!京都でインターンとして働いている西川です!

Zoomの使用中にバーチャル背景を上手く設定できない方が少なくないのではと思います。数年前に購入したPCだと、スペックの問題上要件を満たせないことがあるのです。

上のような状態だと、見る側も自分自身も困ってしまいますよね(笑)

今回はこれを裏ワザ的に解決す「Snap Camera」というアプリをご紹介します!

(Snapchatでおなじみのスナップ社が運営しているサービスです!)

実は、バーチャル背景にするためにはグリースクリーンが必要です。そこで、グリーンスクリーンをSnap Cameraのバーチャル背景として表示し、それをZoomでグリーンスクリーンとして認識させることで、バーチャル背景の設定を行います。

以下具体的な手順について説明します。

Snap Cameraをインストールする

こちらからSnap Cameraをインストールします。

[ Download ]をクリックし、下にスクロールすると次のような画面が現れます。

⑴ 同意書に同意する

⑵ 今後もSnap社のサービスや情報を得たい場合はメールアドレスを入力できます。

Macの方→ FOR MACWindowsの方→ FOR PC を選択。

その後ダウンロード画面で[ Install ]→[ Finish ]をクリックしてください。

Snap Cameraでグリーンスクリーンを設定する

インストールが終了した後、Snap Cameraを開きます。

レンズを選択する画面がホームに出てきますが、今回はZoomの背景で使用するためのグリーンスクリーンを選びます。

下の画像を参考に「green screen」と検索してください。何種類かあるうちどれか1つをクリックすると、背景にグリーンスクリーンが設定されます。

Zoomでグリーンスクリーンを表示させる

グリーンスクリーンの設定ができたら、いよいよZoomに移動です!少し重くなってしまいますが、Snap Cameraは開いたままにしておいてください。

Zoomを開いた後、歯車マークの[ 設定 ]をクリックします。

次に背景にSnap Cameraのレンズを表示させる設定を行います。[ ビデオの設定 ]からカメラで[ Snap Camera ]を選択してください。

最後に[ バーチャル背景 ]で好きな背景をクリックします。ご覧の通り、自分の顔がバーチャル背景と同化することなく表示されています!

「グリーンスクリーンがあります」のチェックを外してしまうと、背景表示が元に戻ってしまうので注意してください。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?PCが要件を満たしていないことで今までバーチャル背景を使用できなかった方も多いと思いますが (私も今までそうでした…)、この方法を使えば解決できるのではと思います。使用感や背景の精度についてもほぼ問題ないはずです!

ただし、PCのスペックによってはZoomとsnap cameraの同時利用により動作が重くなってしまうことが考えられます。実際にミーティングをするのに支障が出てしまうようであれば、使用は避けるべきかもしれません。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

INFACTインターン

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!