簡単!ChromeでPCで開いているサイトをスマホに共有する方法

Google Chromeに新機能が追加され、デフォルトでQRコードが作れるようになりました。従来のChromeですと追加でアドオンや拡張機能を使うしかなかったのですが今回のアップデート(PC版Chrome88以降)からデフォルトでこれらの機能が使えるようになりました。今回はそんなQRコードの作成方法やQRコードを作れるとどんないいことがあるのかお伝えしていきます!

 

QRコードが作れると何がいいのか

街で配られている広告やポスターなどで見かけるQRコード、最近だとZOOMでのセミナー申し込みなんかもQRコードからアクセスできたりして私たちの生活との距離をどんどん縮めていますね。カメラでかざすだけでサイトにアクセスできるので、とても楽で便利な機能です。そんな機能がさらに便利になりました。

自分で簡単にQRコードが作れるのです!今パソコンで見ているサイトを隣でスマホを持っている友達にシェアしたい!こんな経験ありませんか?今まででしたら、サイトを友達にも調べてもらわなければいけなかったのですがこれからはささっとQRコードを表示してしれを見せるだけでサイトのシェアができます。さらに、作ったQRコードをダウンロードしておけば、プレゼンの際のスライドや、自分が作ったポスターにネットのサイトへ簡単にアクセスしてもらえる道すじを用意できるのでQRコードが作れるといいことづくめです!

 

QRコードの作り方

それでは実際にQRコードの作り方を解説していきます。

1.まず最初にQRコードのアクセス先のサイトを開いてください。

(今回は、インファクトの公式サイトを参考にして、説明していきます。)

 

2.URLバー(写真赤枠)をクリックしてください

 

 

3. カーソルキーを画面に一度タップして元の状態に戻すと、四角いマーク(赤矢印)が表示されるので、

ここをクリック!

この時に、左上の戻るボタンは押さないでください。

 

4.開いているサイトページのQRコード表示されます。

ここから直接スマホで読み込むこともできますし、ダウンロードして別の場所に貼り付けることもできます。

とっても簡単ですね!!!

 

まとめ

今回はGoogle ChromeでのQRコードの作り方を解説しました。

インファクトブログでは他にも皆様に役立つ情報を随時発信しておりますので読んでいただければ嬉しいです!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!