【号外】採択率100%!IT導入補助金2021 2次結果発表!採択されたツールをご紹介

今年度も大変好評をいただいてるIT導入補助金ですが、8月31日に2次交付申請の採択結果が発表されました!
肝心の採択結果については、弊社を通して申請くださった全ての企業さまが採択され、大変喜ばしい結果となりました!ずばり、採択率100%です!!

今回の採択結果を受け、多くの企業さまから「今年はどんなツールが採択されているの?傾向は?」などのご質問をいただきましたので、実際に採択された内容(ツールの内訳)をご紹介いたします。

IT導入補助金20212次交付申請で採択されたツール内訳とは?

採択ツールの組み合わせ例は?気になる補助率は?

今回は、低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C-1類型)の申請で採択されました!(補助率2/3)

採択例①:ECサイト+顧客管理システム→補助率2/3

ECサイト構築でオンライン販売チャネルの確立&非対面型ビジネスモデルの実現!
IT導入補助金を活用し新たな販路を開拓することで、売上アップを目指すことができます。

今までリアルの店舗のみの販売や、電話・FAXでの受注、または顧客情報などを紙ベースやエクセルで管理していた仕組みを、決済機能付きECサイトの構築+顧客管理システムの導入によって注文〜決済〜発送処理をシステム化でき、さらには受注情報や顧客情報もクラウドで一元管理できるようになります。

採択例②:顧客管理システム+Google Workspace+ハードウェア→補助率2/3


社内の情報共有をメールや電話で行っていたり、営業の方が見積もり詳細などを社内共有できていない属人化した状態になっている状態を、顧客情報システムやGoogle Workspace(旧G Suite)の導入によって解決!顧客や案件の情報を社内で共有&見える化することができます。

採択例③:顧客案件管理システム+勤怠管理システム+導入コンサル→補助率2/3

エクセルや紙ベース運用だった案件・入金管理をシステムで一元管理!勤怠等の労務管理をクラウド化することにより、アナログな作業にかけていた時間を、他の業務に充てることができます。昨年に引き続き、業務効率化や非対面型ビジネスモデルを実現する内容が多く採択されました。

DX・ICT化 や 非対面型ビジネスモデルの構築に最大限活用できます!


 

今後の交付申請スケジュールは?IT導入補助金の最新情報

3次・4次の交付申請スケジュールが発表されました!

3次締切分》
締切日:930日(木)1700(予定)
交付決定日:1029日(金)(予定)

4次締切分》
締切日:11月中(予定)
交付決定日:12月中(予定)

今年度分のスケジュールは、現時点(9月2日)で以上となります!
スケジュールは随時更新されますので見逃せません。

<注意事項>IT導入補助金の申請には「gBizIDプライム」が必須

IT導入補助金の申請には、複数の行政サービスを1アカウントで利用することのできる認証システム「gBizIDプライム」の取得が必須となります。取得に際して費用等はかからないため、取得のデメリットは一切ありません!こちらがないと申請自体を進めることができないため、少しでも申請を検討されている企業さまは、取得のお手続きを推奨します。 
gBizIDプライム取得の流れはコチラ

申請は、圧倒的採択率の弊社にお任せください!

今回は2021IT導入補助金 2次申請分の採択結果と採択されたツールの組み合わせについてご紹介させていただきました。今年度のIT導入補助金は1、2次交付申請が終了し、スケジュールが発表されている限りでは、残すところ9月30日(木)締切の3次、そして11月末締め切り予定の4次となっております。

冒頭でもお伝えさせていただきましたとおり、2次締切分において弊社を通して申請された全ての企業さまが採択されており、IT導入補助金のサポートは自信を持って行っておりますので、少しでもご活用をお考えの方は、お早めにご相談くださいませ!ご相談はこちらから

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
照山 怜音奈

照山 怜音奈

株式会社インファクトで営業・採用を担当。
2021年に株式会社インファクトに新卒で入社いたしました。
皆さまのお役に立てる情報発信を行っていきます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!