便利!Googleスプレッドシートで特定セルのリンクを取得する方法!

こんにちは!インファクトの香月です!

突然ですが皆さんは普段、Googleスプレッドシートを使っていますか?スプレッドシートは案件や工数の管理、請求書等の数値をまとめたりと様々な用途に使用できます。加えてクラウド管理のため、複数人で同時に入力作業ができるのも便利ですよね!

そんなスプレッドシートのURLを他の人から共有された際、シート数や入力されているデータ数が多く、情報が載っているセルにたどり着くまで時間がかかったご経験はありませんか?

そこで本日はセルのリンクを取得し、見たい情報まで最短で辿り着ける便利な方法をご紹介します!

スプレッドシートのURLをコピー&共有はNG(最短ではない)

スプレッドシートのURLを取得する方法は、他のサイトなどと同じく、アドレスバーをクリックし、コピーすると完了です。その後、共有する人にペースト(貼り付け)をすることになると思います。

この方法ですと、上述した様に幾つもシートがあり、同じシートにもデータが相当数入っている場合、見たい情報まで辿り着くのに時間がかかってしまいます。

次はセルのリンク取得について、具体的な方法をご紹介します!

データの共有も一発で!セルのリンクを直接取得する方法!

ここでは、セルのリンクを直接取得する方法についてご紹介します。

まずは、共有したいシートのセルにカーソルを合わせ、右クリックします。

次に上記画像のように、セルでの他の操作項目を表示このセルへのリンクを取得をクリックします。

その後はアドレスバーにペーストするだけです。
それによって、指定したセルにカーソルが合った状態で開きます。

リンク取得の応用!複数のセルもリンクを取得できる!

上記でご紹介したセルのリンクを取得する方法は、何も1つのセルだけではありません。範囲を指定することで複数のセルもリンクを取得できます。
例えば、表ごと共有したい時などに利用できます。

方法は先程と同じです。欲しいセルを指定し、右クリックします。
次にセルでの他の操作項目を表示この範囲へのリンクを取得をクリックします。

その後はアドレスバーにペーストします。そうすることで範囲指定された状態で開くことができます。

まとめ

いかがでしょうか?非常に便利ですよね。復習となりますが、まずは共有したいセルにカーソルを合わせて右クリックし、次にセルでの他の操作項目を表示このセルへのリンクを取得をクリックします。そしてアドレスバーに貼り付けるだけで、指定のセルを確認できます。範囲したい場合も同様です。

単なるURLの共有だと確認に時間がかかってしまうところ、これらの動作を行うことで、情報に辿り着く時間が省かれ、共有が円滑に進みます。作業時間の短縮につなげるため、すぐでも実践していただけると幸いです。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

香月 信介

北九州市立大学・経済学部卒/趣味は読書・銭湯(サウナ)/京都勤務/社内業務からお客様のICTまで幅広く担当させていただいております。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!