WordPressブログの投稿ページと固定ページの役割の違い

20150608

こんにちは、岡田です。
WordPressは概念を理解しないと難しくてよくわかりませんよね。
今回はWordPressを使用する上でとても重要な投稿ページ固定ページの役割の違いについて説明させていただきます!

目次

  • 投稿ページの役割
  • 投稿ページの特徴
  • 固定ページの役割
  • 固定ページの特徴
  • 最後に…

投稿ページの役割

投稿ページの役割は主にブログ新着情報など、時系列に関係する、また更新頻度の多いコンテンツに対して使用するページです。
WordPressで記事を投稿すると自動的に時系列を認識し、並び替えてくれます。

投稿ページの特徴

投稿ページには以下の特徴があります。
1.公開するとブログのトップページに新着順に掲載される
2.RSSの生成が可能
3.カテゴリーの設定が可能
4.URLは指定できず、勝手に割り振られる

といった特徴があります。

解説が必要なところだけ、解説しますね。

1.公開するとブログのトップページに新着順に掲載される

新着順(公開日付降順)にブログトップに掲載されます。↓ココです。

スクリーンショット 2015-06-08 14.18.59

4.URLは指定できず、勝手に割り振られる

投稿ページは、投稿画面で記事をつくろうとすると、自動的にURLが振られます。これをユーザーが指定することはできません。
管理画面の投稿ページの記事を書く画面で自動生成されたURLを確認することができます。↓
投稿の編集_‹_スタッフブログ|インファクト WEBマーケティングで企業のプロモーション・集客・販促のお手伝い_—_WordPress

固定ページの役割

固定ページは投稿ページとは逆に、会社概要ページお問い合わせページ、初めてのあなたへなど、時系列に関係無く、更新頻度の少ないコンテンツに対して使用するページです。

スクリーンショット 2015-06-08 14.19.56

固定ページの特徴

固定ページには以下の特徴があります。

1.公開してもブログのトップページにあがらない
2.URLを指定することができる (例えば、会社概要のようなページは http://www.ドメイン/company/ とできる)
3.カテゴリーの設定ができない

URLを指定する方法

該当のページの管理画面に入ると、↓になり、URLが編集可能になっています。
新規固定ページを追加_‹_スタッフブログ|インファクト WEBマーケティングで企業のプロモーション・集客・販促のお手伝い_—_WordPress

最後に…

WordPressを使用する上で、投稿ページにするか固定ページにするかの選択はとても重要になってきます。
投稿ページと固定ページの違いを理解して、ページ構成をする事が大切です。
とくにブログ記事を新着順にホームページなどにフィード出力する場合は「投稿ページ」にしかできない。又は、カテゴリートップページを活用して一覧などを出す場合は、固定ページではできませんので、ご注意ください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者 「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています! 大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。 得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産 http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!