本当の検索順位の調べ方とは|シークレットモードでも不完全!?

20170325b

こんにちは。もう3月も終わりが近づき4月がやってきますね。
徐々に気温は上がってきたものの、特に朝と夜はまだまだ冷えますので皆さんも体調管理には十分気をつけてください!
今回は意外と知らない、「本当の検索順位を調べる方法」と、「シークレットモード」という機能について解説していきます。

目次

  • 実は検索順位は人それぞれ違います
  • シークレットモードとは?
  • 本当の検索順位を調べる方法
  • まとめ

実は検索順位は人それぞれ違います。

皆さんは、作ったサイトがすぐ検索結果の上位に上がって舞い上がっていたら、他の人から上がってないよ?と指摘された。自分で見た時は検索の上位に表示されたのに、他の人が確認した時は上位に表示されていなかった。
といった体験をしたことはありますか?
実はGoogleは、その人がよく見ているサイトなどを検索の上位に表示させています。
例えば、
・よく検索するサイト
・利用者の地域
・クリックしたリンクや訪れたことのあるサイト
などこのような情報を保存していて、個人が好んでいるような内容を検索上位に表示していると考えられています。

例えば地域で説明しますと、
毎朝の電車の時間を調べる時の「○○駅〜○○駅」といった情報から自宅の最寄り駅や勤務先の駅を予測し、その情報から地域の情報を上位に表示したり、
よく、「Googleが位置情報を必要としています」という表示が出るかと思いますが、そのような情報からも地域は特定されます。

このように実は検索順位はそれぞれ違っているのです。

シークレットモードとは?

スクリーンショット_2017-03-23_18_31_23

これがシークレットモードの画面です。
小さいですが、画面右上に、中央に表示されているような帽子とメガネのマークが表示されていれば、シークレットモードということです。

Googleのマークを右クリックしたり、画面上のオプションアイコンから開くこともできるのですが、
キーボードショートカットを使うのが一番簡単で早いと思うのでこちらを紹介します。

・Windows場合: Ctrl+Shift+n キーを同時に押します。
・Mac の場合: ⌘+shift+n キーを同時に押します。

シークレットモードの機能について

では、シークレットモードとは一体何ができるのか?

・シークレットモードで見たサイトの情報はChromeに保存されないので、履歴などが残りません。
しかし、雇用主、インターネットサービスプロバイダ、訪問先のウェブサイトに閲覧内容が知られる といった可能性はあります。

・検索順位が個人的ではない。
100%ではないですが、シークレットモードで見た検索順位は、ほぼ正しいということになります。

主にこのようなことができます。
簡単に言うと、シークレットモードは個人的な影響を受けず、閉じたら履歴も情報もリセットされます。
誰でも使えるので、主に検索履歴を残したくない時や、正しい検索順位を調べたい時などに使用されています。

本当の検索順位を調べる方法

先ほど説明した「シークレットモード」なのですが、本当の検索順位を調べる際に有効だと言われて利用する人がほとんどでした。
ですが、実は完璧だと思われていたシークレットモードでも本当の検索順位を調べる方法としては確実ではないことが分かったのです!!!

最初に説明しました、検索結果が人それぞれにカスタマイズされていることを、
「パーソナライズド検索」と言います。

シークレットモードではこのパーソナライズド検索が適用されないので、検索順位に影響が出ない!
と思われていたのですが、実はパーソナライズド検索以外にも検索順位に影響が出てくるのではないかといわれているものがあります。

それは何かというと、「地域情報」ではないか?と言われています。(可能性の話です)
IPアドレス(インターネット上での住所のようなもの)から地域情報が判断されているため、シークレットモードを使ってもその地域の情報が上位に出てしまうことがあるようです。

「じゃあどうすればいいの!」…そこなんです。
よりパーソラナイズド検索の効果を受けないで検索順位を調べる方法がありますので紹介したいと思います。
(100%の方法はGoogleが公表していないので誰にもわからないと思われます…。)

1.URLの最後に「&pws=0」を入力する

URLの最後に「&pws=0」を追加することでほぼパーソナライズド検索の効果を受けないと言われています!(参考までに)

2.Googleの検索設定で、プライペート検索結果を使用しないに☑︎を入れる

シークレットモードも強力なのですが、このプライベート検索結果を使用しないことで本当の検索順位を表示できるのではないか?とも言われています。
簡単に設定できるので方法を紹介します。

まず、設定→検索設定を押します。

10

次に、プライベート検索結果という項目を探して、使用しないの方を押します。
画像のように黒い丸が入っている方が選んでいる方になります。

12

まとめ

結果的に本当の検索順位を100%表示するといった方法はGoogleから発表されていません。
シークレットモードを使用したり、プライベート検索結果を使用しなかったりといったことで、ほとんどはパーソナライズ検索を回避することができるのですが、他にも地域情報なども絡んでくると100%正しい結果は表示できないようです。
そもそもどれが本当の検索順位なのかはGoogleにしかわかりません!笑

とりあえずチェックする分には今回ご紹介した方法で大丈夫だと思います。
しかし、SEO対策(検索結果でより上位に表示させるための対策)など確実にしていく場合にはGoogleアナリティクスや、様々なツールを使っていくしかないと思います。

あくまで参考程度に考えていただければと思います!

それでは今回はこの辺で終わりたいと思います。参考になれば幸いです!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
インファクト編集部

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!