ホテル・旅館のInstagtam(インスタグラム)集客活用事例5選

20160520B

こんにちは。大通公園ではライラック祭が開催され、ライラックの花や、その他の花もキレイに咲き誇る札幌から鵜沼がお伝えします。

写真 2016-05-18 16 21 59

ボクのInstagramより

若者に人気のInstagram(インスタグラム、通称インスタ)は最近利用者が増え始め、年齢層も多種多様になってきました。

Instagramをホテルや旅館として集客に結び付くような運用はどのように行われているのでしょうか?

以前ご紹介させて頂いたコチラ旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選から更に詳しく、そして新しいアカウントもボクの独断と偏見で選んだ素晴らしいInstagramアカウントを今日はご紹介していきます。

目次

  • SNSと検索機能
  • ホテル・旅館のInstagtam(インスタグラム)集客活用事例
  • まとめ

SNSと検索機能

少し前からGoogleで検索することを「ググる」と言い、わからないことがあればすぐにスマホの検索エンジンで情報を取りにいくようになりました。

しかしその流れが最近変わり、TwitterやInstagramで検索する人も少なくないといいます。

SNSの発達で情報が宇宙の星の数ほどもある現代では、グルメサイトや旅行サイトなどの口コミより、もっとたくさんの生の声を知ることの出来るSNSを使って調べることが増えてきているそうです。

その時に増えてきているのが「#」これ、ハッシュタグというものです。

【#ryokan】【#旅館】【#hotel】【#ホテル】などとTwitterやInstagramで書かれているアレです。

※ちなみにInstagramでハッシュタグを付ける場合に便利なツールのご紹介はこちらです。
Instagramでのハッシュタグのつけ方、探し方

このハッシュタグを使って検索をするんです。

インスタでもこれは盛んにつけられていて、ハッシュタグで検索すると、同じハッシュタグをまとめた検索結果が出るので、そこから生の声や、リアルな写真や動画を見つけることが出来ます。

最近ではその機能を使ってホームページで「お客様の声」を「お客様に」と題されたレビューを作っているのが、いつもSNSでオススメする時にご紹介する北海道で大手の旅館グループを経営する「鶴雅グループ」さんのホームページです。

鶴雅グループさんのInstagram Review

※とっても参考になると思いますのでぜひクリックしてみて下さい。

鶴雅インスタ

ハッシュタグでまとめて、お客様が上げてくれた投稿を共有しています。

これと同じことを個人レベルで行っていると思って下さって良いと思います。

なので検索されるためにはハッシュタグが必要不可欠です。

そしてそのハッシュタグを上手に使ったり、テーマを決めながらアルバムやパンフレットを作るように発信をしているのがこれから上げる5つの事例です。

ホテル・旅館のInstagtam(インスタグラム)集客活用事例

あかん遊久の里 鶴雅

館内施設のイメージ写真から滞在中をイメージできる写真が多いです。

その他の施設の写真も必見です。※この記事の上の方のリンクからフォローする事も出来るので見てみると参考になると思います。

あかん遊久の里鶴雅

【公式】星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

自然をテーマに撮られた写真は「こんな写真を撮ってみたいからそこに行く」というSNS時代の欲求に駆られる写真がたくさんです。

星野リゾート

ホテル椿山荘東京

お庭や仕事風景などホテルの姿が見てとれる写真が多いですね。

椿山荘

【公式】ホテルマリノアリゾート福岡

婚礼する若い世代を中心に興味を持ってもらえるよう人物やお客様との写真などもあるのが若い人達に人気なのがわかります。

マリノアリゾート

広島県、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内 智弘さんのInstagram

ちょっと番外編ですが、広島県、宮島の温泉旅館・錦水館の若旦那が撮る宮島の写真が素晴らしく、フォロワーが宿泊に来るということも起きています。

錦水館

それぞれ季節や施設、お料理や可愛いもの、そんなテーマが見て取れるアルバムのような素敵な写真がたくさんあります。

もうこれがそのまま旅館やホテル、観光のパンフレットになりそうです。

この5つのアカウントがなぜ素晴らしいのか?選んだ観点は3つです。

・フォロワーが多いかどうか?
・テーマ性を感じるか?
・写真やコメントからどんな方に見てもらいたいのかがわかるか?

Instagramは写真で交流するSNS。なのでこれをビジネスに活用するのならば【キレイ】【カワイイ】【美しい】などプラスの形容詞を写真で表現して【共感してもらうこと】が必要だからです。

なので交流してもらえるフォロワーが多いかどうか、どんな形容詞につながるようなテーマに投稿しているか、そんなところからこの5つのアカウントを選びました。実際にリンク先を見て感じてみてくださいね♪

 

ビジネスで活用するなら「どんな方に何を見てもらい(伝え)たいのか?」最低限決めておきたいテーマだと思います。

まとめ

Instagramは写真で共感するSNSです。

でも昔ほどカメラの性能は気にしなくて良い。iPhone1つで綺麗な写真が手軽にたくさん取れ、アプリで加工も出来ます。

発信の数やハッシュタグも大切ですが、写真のセンスが最も大切だと思うんです。

そのためには感性を高めることです。雑誌や写真集などを見て、構図やぼかしなどのテクニックを高めることで、より興味を持ってもらえる写真が撮れるようになります。

そして、Instagramをビジネスにつなげるには、ハッシュタグで探してもらい、写真でつながること。これが大切だとボクは思います。

春から夏へ。外が気持ち良くなる季節のたまの休みは写真の腕を磨く休日にしても良いかもしれませんね。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.

インファクト編集部

中堅・中小企業売上UP研究所by株式会社インファクト【INFACT】です。WEB&ソーシャルメディアマーケティングを得意とし販売促進支援企業として販促コンサルティングからWEB制作・カタログ・パンフレット制作まで企業の売上アップをサポートします。http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!