ブログ記事が書けない!から脱却したい!すぐにネタが見つかる方法

こんにちは。WEB集客&メディア化アドバイザーの持田です。先週、ベトナム・ダナンに行ってきました。
ベトナムスタッフとは多くが初対面ながら一緒に食事をしたり、世界遺産に出かけたりすることで相手の人となりが分かってより親しみがわきました。

さて、今回は「ブログ記事のネタ探しで悩まない方法」についてお伝えします。

ネタがない!は調べてない?

「ネタがない」のは、調べてないということと同じ意味です。

ブログ記事を更新する上で、大変なのはスケジュール通りに記事を作成して公開することですよね。

しかもビジネスブログの場合、本業の合間で書こうとすると、どうしても書く時間がありません。

その中で「ネタがない」という事情は痛いほどよくわかります。

しかし、ビジネスブログの場合は、仕事の知識を中心に書いていくので、ネタがないのではなく、ネタになりそうな話題を調べていないんです。

ではどうしたらすぐにネタを見つけられるのでしょうか。

すぐにネタが見つかる方法とは?

すぐにネタが見つかる一番簡単な方法は、「お客様に会う」ことです。

お客様に会うというのは、訪問したり、来店(社)されたり、あるいは電話口でお客様とお話をする機会のことです。

そのときにお客様の内容をしっかりメモにされたりしてご相談の内容をお聞きしますよね。

ご相談いただいたまさにその内容がネタになる話題です。

ご相談内容をそのまま記事にはできませんから、そこから抜粋したり、一般的な内容にすることでより多くの人達に向けて発信する記事にしていくんです。

例えば、この記事も「ネタがない」というご相談内容を取り上げて書いていますが、一字一句、あるいはご相談内容をいただいた方の状況を事細かには紹介していません。

なぜなら、そのような状況はおそらくみなさんにはあまりご興味がない内容だからです。

しかし、一般的な内容にすると、おそらく今読まれているみなさんのご興味にひっかかる内容にできるわけです。

「ネタがない、あるいは見つからなくてブログ記事が書けない」という悩みをお持ちだからです。

これをヒントに、まずは昨日の出来事、あるいは今日これからの出来事をメモに書き留めてみてください。

きっとその内容が明日のブログ記事を書くためのネタになっていくと思います。

まとめ

ブログ記事は、何も特別な話題を提供したり、すごい変化を促すようなものではありません。

何気ない日常の中にある話題を記事にしていくから読者の方の悩みを解決することができる記事が生まれていきます。

今日からお客様のお話を注意深く聴いてみてはいがでしょうか。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
持田 修

持田 修

株式会社インファクトで、「企業のメディア化」アドバイザーとして、Web集客に取り組みたい企業さまのオウンドメディアの立ち上げやコンテンツマーケティングの導入をサポート、研修講師として実際のメディア化の立ち上げをお手伝いしています。「しっかりと作り上げたコンテンツは何年たっても色褪せることなく残り続ける会社の資産です。その資産が未来のお客様を創る種になる」ということを日々お伝えしています。1日も早くみなさんの会社の強みや魅力がお客様の元にお届けできるようお手伝いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!