今すぐGoogleフォームに移行すべきはアンケートとセミナー申し込み

日本の中小企業のITリテラシーを本気で高めたいと思っている岡田です。

今日も、とある会社の社長さまからいただいた相談から、Googleフォームについてです。

紙アンケート→エクセルでデータ化→その後集計をみるためにグラフ化、この一連の作業が面倒でなんとかならかいか、と。

それ、Googleフォームで即解決します!笑
Googleフォームを用意すれば、その後の「エクセルでデータ化→その後集計をみるためにグラフ化」は全てGoogleフォームが自動でやってくれます!

それでは、いってみましょう。

Googleフォームのメリットは、一覧、集計、共同閲覧

Googleフォームのメリットはこの3つです。詳しくは別のブログ記事で書いていますが、簡単ここでも説明しておきます

Googleフォームのメリット①:一覧

Googleフォームで回答された内容は、予めGoogleスプレッドシートに連携しておくことで一覧で見られます。
まずこれで、紙のアンケートなどをエクセルに一覧化するという作業が省けますね。

Googleフォームのメリット②:集計

これも勝手にやってくれます。Googleフォームの「回答」タブに自動でグラフが表示されています。もちろんGoogleスプレッドシートの方から、グラフや集計もできます。

▼Googleフォームの集計機能に関してはこちら
Googleフォームの回答をスプレッドシートに連携して集計を楽に!
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/43713/

Googleフォームのメリット③:共同閲覧

Googleフォームも回答一覧のスプレッドシートもGoogleアカウント(無料gmailでも)あれば、共同閲覧、共同編集が可能です。これは、共同セミナーなど、社外の人との共同作業に非常に便利です!

紙のアンケートは今すぐGoogleフォームに移行すべき

ということで、Googleフォームの一覧、集計、共同閲覧のメリットを理解すれば、まず紙のアンケートはGoogleフォームに移行すべきということが明らかですね。
例えば、セミナー参加アンケートや社内のアンケート、お客様アンケート、初診アンケートなど・・・今すぐ移行すれば便利なものがたくさんありますね!

セミナー申し込みも今すGoogleフォームに移行すべき

Googleフォームの一覧、集計、共同閲覧、編集のメリットがあれば、セミナー申し込みフォームも自社サイトの問い合わせフォームなんかよりも便利な場合もあります。一覧ができますので、参加者リストや当日の受付一覧も申し込みと同時にできますし、セミナーの共同主催者等がいれば、Googleアカウント(無料のgmailでも可)を共有さえすれば、共同編集ができるので申し込み状況の共有等もカンタンです!セミナーやる度に自社サイトに外部の共同主催者のID、passwordを渡すわけにもいかないですもんね。

まとめ

いかがだったでしょうか、こんな便利なものが無料で使えるんだから、使わない手はないですよね!
Googleフォームにするだけで、データ可、集計を一発でやってくれます!これだけで、劇的に手間が減ります!!是非一度お試しください^^

Googleフォームはデフォルトの機能で自動返信メール機能がありません。
自動返信メール機能を追加したい場合はこちらをご覧ください。
▼Googleフォームに自動返信メール機能を追加させるのはこちら
Googleフォームに自動返信メール機能を設定する方法
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/43737/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
岡田 ゆうか

岡田 ゆうか

INFACT 京都office 責任者株式会社インファクト
情報処理技術者
「企業のメディア化®」アドバイザーとして、企業のオウンドメディア立上げやコンテンツマーケティングの導入、WEBマーケティング コンサルティング、WEBサイト、ECサイト、その他アプリの制作まで、企業の集客・販促をお手伝いしています!
大手システム会社で3年、広告代理店で8年営業兼ディレクター、インファクトで「企業のメディア化®」研修講師をしてきた経験が今も活きています。
得意業界:化粧品、通販化粧品、育児、旅行、薬局、不動産
http://www.infact1.co.jp/
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP
LINE it!